スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』
映画 [ら] | TOP ▲


原題:THE LIFE OF DAVID GALE
監督/プロデューサー:アラン・パーカー
プロデューサー:ニコラス・ケイジ
脚本:チャールズ・ランドルフ
出演:ケビン・スペイシー/ケイト・ウィンスレット/ローラ・リニー/ガブリエル・マン/マット・クレイブン/レオン・リッビー/ローナ・ミトラ 他
2003年アメリカ


[ストーリー]
死刑囚デビッド・ゲイル(ケビン・スペイシー)の死刑が4日後の金曜日に執行されることが決定した。彼は大学教授だったが、元同僚のコンスタンス(ローラ・リニー)をレイプしたうえ殺害したとして罪に問われ、死刑が決まっていたのだ。
皮肉なことに彼は死刑廃止論者で、デモなどの活動も活発に行っていた人物だった。
その決定が決まった頃、ある新聞社にデビッド・ゲイルから50万ドルでインタビューに応じるとの連絡があった。しかも、その新聞社の女性記者ビッツィー(ケイト・ウィンスレット)を指名してきたのだ。
インタビューは、死刑執行までの3日間、それぞれ2時間ずつと決められていた。何のために記事を書かせようとしているのか…?ビッツィーは助手のザック(ガブリエル・マン)と共にテキサス州のデビッドが収監されている刑務所へと向かうのだった。



面白かったか面白くなかったかだけで分けるとしたら面白かったです。
だけど、単純に面白かったで済ませていい映画では決してないと思います。
というか、面白かったといっていいのかよくわかりません。

お約束します!
この映画を観たあとは、予想外の結末に呆然とし、重苦しい気持ちになれることでしょう(ほめてんだかなんだか^^;)
万人受けするとは言えないと思うんですが(実は私も前半はかなり退屈で途中で観るのをやめようかと思ったくらいでした)、でも一度は観ていいかも。
死刑制度の賛否がテーマです。日本でもときどきニュースなんかで見ることがありますが、それほど身近に感じて考えたことがなかったので、ちょっと考えさせられてしまいました。

映画は、車が故障して、ケイト・ウィンスレット演じるビッツィーが車を捨て、必死に走ってどこかに向かっているところから始まります。
そこから、なんのためにビッツィーが走っているのか、その理由が明かされていきます。

登場する人たちもなにやら怪しげです。
腕があまりよくないためデビッドを死刑から免れさせられなかった弁護士とか、なぜかビッツィーとザックをつけまわすカウボーイとか。デビッドが冤罪で捕まっているというのが徐々にわかってくるので、誰がデビッドを陥れたのか想像しながら観てしまった(というか観ざるを得ない)ので、どの人も怪しげに見えてきます。

そう思いながら観ていたので、二転三転したあっと驚く真相に、映画が終わった後もしばし呆然としてしまいました。
「えーっ!」「えーっ!」と思ってる間にエンドロールが終わってしまうくらい予想外(笑)←ちょっと頭悪い?(笑)
おかげで、エンドロールの低ーい音楽が心に染みました。
サントラはコチラ→→→→→→→→

感動とかでは決してないけれど、なにか訴えかけるものがある、見ごたえ充分な作品だと思います。

『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』公式HP


↑ポチっとしていただけると嬉しいです!
スポンサーサイト
[2005/10/05 23:29] | 映画 [ら] | トラックバック(3) | コメント(10)
この記事のURL | TOP ▲
| ホーム | 『ステルス』≫
コメント
訪問ありがとうございます。
映画めったに見ないんですが、彼女が映画好きなので、ちょくちょくきて勉強させていただきます^^
[2005/10/10 00:17] URL | きこり [ 編集] | TOP ▲
きこりさん
コメントありがとうございます。
勉強していただけるような記事ではないんですが(恥)、またよろしければお越しください。
[2005/10/11 20:55] URL | gerry [ 編集] | TOP ▲
当ブログへのご訪問感謝致します
ご訪問感謝致します☆
私も映画が好きでちょくちょく観ます♪
貴方の記事を参考にさせて頂きます☆
また、遊びにいらして下さい♪
[2005/10/12 12:53] URL | ルパン4世 [ 編集] | TOP ▲
ルパン4世さん
コメントありがとうございます!
更新ペースは遅いですが(笑)、またぜひお越しください^^
[2005/10/13 20:37] URL | gerry [ 編集] | TOP ▲
こんにちは。
結構衝撃的なラストでしたよね。
死刑制度や冤罪について描かれた作品かと思っていたのですが、思ったよりもサスペンス的要素の強い作品で意外な感じでしたね。
ケビン・スペイシーはともかくローラ・リニーの体を張った演技が凄すぎてビックリしました。
[2005/10/15 22:50] URL | クマ [ 編集] | TOP ▲
サントラ気になります
[2005/12/22 18:10] URL | プラスさん [ 編集] | TOP ▲
おもしろいですよね
[2005/12/26 14:44] URL | プラスさん [ 編集] | TOP ▲
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2010/02/05 17:53] | [ 編集] | TOP ▲
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2012/07/21 07:27] | [ 編集] | TOP ▲
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2012/11/01 10:31] | [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gerry69.blog15.fc2.com/tb.php/79-96aa7068
「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」
 ライフ・オブ・デビ
NUMB[2005/10/08 14:38]
冤罪。そして死刑 『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』
本日の映画:ライフ・オブ・デビッド・ゲイル  死刑制度反対を唱える元大学教授デビッド・ゲイル。皮肉にも彼は同僚の女性を強姦・殺害した罪で死刑判決をうけてしまう。取材を拒否し続けてきた彼は、死刑執行直前多額の報酬と引き替えに女性記者ビッツィーに単独取材を許
毎日が映画日和[2005/10/15 22:51]
DVD「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」
死刑制度反対運動を熱心に取り組む大学教授のデビッド・ゲイル(ケビン・スペイシー)がレイプ殺人の罪で死刑が確定する。雑誌の女性記者ビッツィー(ケイト・ウィンスレット)が死刑執行までの残り3日間の単独インタビューをする。観る前は、死刑囚と話をするという...
☆ 163の映画の感想 ☆[2005/11/17 20:36]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。