カテゴリー     - 映画 [ら] -

スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』
映画 [ら] | TOP ▲


原題:THE LIFE OF DAVID GALE
監督/プロデューサー:アラン・パーカー
プロデューサー:ニコラス・ケイジ
脚本:チャールズ・ランドルフ
出演:ケビン・スペイシー/ケイト・ウィンスレット/ローラ・リニー/ガブリエル・マン/マット・クレイブン/レオン・リッビー/ローナ・ミトラ 他
2003年アメリカ


[ストーリー]
死刑囚デビッド・ゲイル(ケビン・スペイシー)の死刑が4日後の金曜日に執行されることが決定した。彼は大学教授だったが、元同僚のコンスタンス(ローラ・リニー)をレイプしたうえ殺害したとして罪に問われ、死刑が決まっていたのだ。
皮肉なことに彼は死刑廃止論者で、デモなどの活動も活発に行っていた人物だった。
その決定が決まった頃、ある新聞社にデビッド・ゲイルから50万ドルでインタビューに応じるとの連絡があった。しかも、その新聞社の女性記者ビッツィー(ケイト・ウィンスレット)を指名してきたのだ。
インタビューは、死刑執行までの3日間、それぞれ2時間ずつと決められていた。何のために記事を書かせようとしているのか…?ビッツィーは助手のザック(ガブリエル・マン)と共にテキサス州のデビッドが収監されている刑務所へと向かうのだった。



面白かったか面白くなかったかだけで分けるとしたら面白かったです。
だけど、単純に面白かったで済ませていい映画では決してないと思います。
というか、面白かったといっていいのかよくわかりません。

お約束します!
この映画を観たあとは、予想外の結末に呆然とし、重苦しい気持ちになれることでしょう(ほめてんだかなんだか^^;)
万人受けするとは言えないと思うんですが(実は私も前半はかなり退屈で途中で観るのをやめようかと思ったくらいでした)、でも一度は観ていいかも。
死刑制度の賛否がテーマです。日本でもときどきニュースなんかで見ることがありますが、それほど身近に感じて考えたことがなかったので、ちょっと考えさせられてしまいました。

映画は、車が故障して、ケイト・ウィンスレット演じるビッツィーが車を捨て、必死に走ってどこかに向かっているところから始まります。
そこから、なんのためにビッツィーが走っているのか、その理由が明かされていきます。

登場する人たちもなにやら怪しげです。
腕があまりよくないためデビッドを死刑から免れさせられなかった弁護士とか、なぜかビッツィーとザックをつけまわすカウボーイとか。デビッドが冤罪で捕まっているというのが徐々にわかってくるので、誰がデビッドを陥れたのか想像しながら観てしまった(というか観ざるを得ない)ので、どの人も怪しげに見えてきます。

そう思いながら観ていたので、二転三転したあっと驚く真相に、映画が終わった後もしばし呆然としてしまいました。
「えーっ!」「えーっ!」と思ってる間にエンドロールが終わってしまうくらい予想外(笑)←ちょっと頭悪い?(笑)
おかげで、エンドロールの低ーい音楽が心に染みました。
サントラはコチラ→→→→→→→→

感動とかでは決してないけれど、なにか訴えかけるものがある、見ごたえ充分な作品だと思います。

『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』公式HP


↑ポチっとしていただけると嬉しいです!
スポンサーサイト
[2005/10/05 23:29] | 映画 [ら] | トラックバック(3) | コメント(10)
この記事のURL | TOP ▲
『ラヴェンダーの咲く庭で』
映画 [ら] | TOP ▲
原題:LADIES IN LAVENDER
監督/脚本:チャールズ・ダンス

出演:ジュディ・デンチ/マギー・スミス/ダニエル・ブリュール/ナターシャ・マケルホーン 他
2004年イギリス

[ストーリー]
1936年、イギリス。ジャネット(マギー・スミス)とアーシュラ(ジュディ・デンチ)の姉妹は2人きりでコーンウォール地方にある庭の美しい家で静かに暮らしていた。ある嵐の翌朝、アーシュラは浜辺に打ち上げられている青年(ダニエル・ブリュール)を見つける。英語を話せない青年は、身ぶり手振りでアーシュラと話をし、ポーランド人であることがわかった。ジャネットが片言のドイツ語で語りかけると、青年も片言のドイツ語を話し、名前をアンドレアと名乗る。ケガをしていたアンドレアはジャネットとアーシュラの家で看病を受けるのだが、すぐにふたりにとって大切な存在になっていくのだった…



日本での公開直前にイギリスで「ピアノマン」という記憶喪失の男性がが見つかって、一部でこの映画の話題づくりではないかという報道がされたり、(そういえば、あの「ピアノマン」身元はわかったのかな~?)

エリザベス女王が涙した映画としても話題になっていた作品です。

上映期間が終了間近ということもあってか、映画館は超満員で立ち見がでるほどでした。客層は中高年層の女性が8割という感じで、若い人はあんまりいなかったです。

映画はとにかく、ジュディ・デンチの演技が素晴らしい!
もう恋する乙女!っていう感じで。でも、相手が自分の子供(下手をすると孫?)くらいの年の青年だっただけに、葛藤があって、でも気持ちを抑えられなくてっていう切ない感情とか、アンドレアとふたりでいるときに、すごく幸せ♪っていうオーラがバシバシでていたりとか、言葉ではっきり言っているわけではないのにものすごくよく伝わってきます。
それだけに、アンドレアが去ってしまった後、彼が寝ていたベッドで丸くなって横たわる様子が一層切なく感じられました。
だけど、涙する、っていうところまでは感情移入できなかったです。感情移入するには人生経験がまだまだ足りないんだろうなーと思います。

マギー・スミスは『眺めのいい部屋』での「かわいそうなシャーロット」の印象がものすごく強くて(このときも、ジュディ・デンチと共演してますね~)、いつも見るたびに「あっ、かわいそうなシャーロットだ!」と思ってしまうんですよね~(笑)
まぁ、それは置いといて^^

でてくる役者さんも味のある人ばっかりで、威勢のいいお手伝いのおばちゃんとか(アンドレアとのジャガイモシーンは笑いました)、下手するとストーカーなお医者さんとか。
あと、アンドレアを連れてロンドンに行ってしまう画家の役をナターシャ・マケルホーンが演じています。観てる間じゅう、どの映画で観たのかわからなくって気持ち悪かったんですが、『トゥルーマン・ショー』にでていた女優さんだということがわかり、すっきりしました(笑) 目がすごく印象に残る女優さんです。

庭にラヴェンダーが咲いていたかどうかは確認できませんでしたが、庭も含めて風景もすごくきれいで、癒されます。イギリスに行きたくなりました~。


『ビューティフル・ガールズ』もそうだったんですが、もうすこし年を重ねて、同じ年代になってから観てみると、また違った印象になりそうな気がしました。


『ラヴェンダーの咲く庭で』公式HP




↑クリックしていただけると励みになります!
[2005/07/29 01:14] | 映画 [ら] | トラックバック(2) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
『ラブ・アクチュアリー』
映画 [ら] | TOP ▲
ラブ・アクチュアリー

原題:Love Actually
監督/脚本:リチャード・カーティス
製作:ダンカン・ケンワーシー/ティム・ビーヴァン&エリック・フェルナー
出演:ヒュー・グラント/リーアム・ニーソン/エマ・トンプソン/アラン・リックマン/コリン・ファース/キーラ・ナイトレイ/ローラ・リニー/ローワン・アトキンソン/ビリー・ボブ・ソーントン 他
2003年イギリス


イギリス英語の勉強にいいよ~、と聞いて観てみました。
ヒュー・グラントはあんまり好きじゃないんだけど…。

ストーリーは、クリスマス数日前からクリスマスまでの間のもの。19人ほどの登場人物が出てくるのですが、その人たちの「愛」のお話。出てくる人たちには少しずつ繫がりはあるけれど(友だちとか、同僚とか、隣人とか…)ストーリーは個別のものを順番に見せていく、オムニバス形式のようです。

とにかく人数が多いので、最初は誰が誰だかわからない感じでしたが、だんだん登場人物とその関係がわかるにつれて、次はどうなるんだろう、あの人はどうなってるんだろうっていうのが気になって、あっという間にエンディングがきたような気がします。

一番いい味出していたのはローワン・アトキンソン

出演シーンは少ししかありませんでしたが、ラッピングに妙にこだわりを持っていたり、空港で他の登場人物の恋を助けたり…。すごく印象に残りました。

あと、ミュージシャン役の人もアクが強くて面白かったです。
(でも、知り合いにあんな人がいたらやだなぁ~)

「ぷっ」と笑えるところもあれば、ちょっと切なくなったり、そして感動したりとすごく楽しめた映画でした。




↑クリックしていただけると励みになります!


(2005年5月2日アメブロにてUP)
[2005/07/08 21:00] | 映画 [ら] | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。