カテゴリー     - 映画 [く] -

スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『雲の中で散歩』
映画 [く] | TOP ▲




原題:A WALK IN THE CLOUDS
監督:アルフォンソ・アラウ
脚本:ロバート・マーク・ケイメン/マーク・ミラー/ハーヴェイ・ウェイツマン
出演:キアヌ・リーヴス/アイタナ・サンチェス=ギヨン/アンソニー・クイン/ジャンカルロ・ジャンニーニ 他
1995年アメリカ



[ストーリー]
戦争が終わり、故郷に帰ってきたポール・サットン(キアヌ・リーヴス)を待っていたのは自分のことしか考えていない妻だった。「お金が全て」という妻の言葉もあり、ポールは以前にしていたチョコレートのセールスの仕事を再び始める。
その道中でであったのがヴィクトリア(アイタナ・サンチェス=ギヨン)という女性だった。ひょんなことからポールは彼女が妊娠しており、しかも恋人から捨てられたこと、彼女の父、アルベルト(ジャンカルロ・ジャンニーニ)が厳格なため、家に帰っても許されないだろうと恐れていることを知ったのだ。
ヴィクトリアを気の毒に思ったポールは自分が仮の夫になり、父親の怒りを逸らそうと彼女に提案するのだった…



闘わないキアヌ・リーヴス鑑賞第一弾(笑)

う~~~~ん。
全体的にはまぁまぁかな~、って感じでした。

映像はすごくきれいです。全体的にちょっとオレンジがかっていたり、ブドウ畑で靄がかかっている感じなんかは、ちょっと見とれてしまうくらいきれいでした。あと、ブドウの収穫をして、ワイン作りをするシーンがあるんですけれど、既婚女性が大きな桶(?)の中に入って足でブドウを踏んでいるところが楽しそうで、絵を見ているような感じでした。



が。



この役、私の中のキアヌ・リーヴス像に合わないです~(><)
なんか、もったりした感じで。(←すいません~。上手く表現できない…)
今のところは 闘ってるキアヌ>闘ってないキアヌ は変わらずでした…



ということで、キアヌ・リーヴス鑑賞記録は終了致しまして(笑)


この映画の見所は親子愛ですかね~。
アルベルト(お父さん)がヴィクトリア(娘)に「愛を表現する方法がわからない」と告白するところが、ちょっとほろりときます。それまで、感情を表すのが苦手で、厳格で、頑固一徹な父親が、初めて弱さを見せるところなので、なんだかじわ~っと。


ただ、ストーリーはちょっと都合よくまとめすぎな感じで、終わり方もなんだか物足りな~い印象でした。




↑クリックしていただけると励みになります!



(2005年6月23日アメブロにてUP)
スポンサーサイト
[2005/07/08 21:00] | 映画 [く] | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
『クローサー』
映画 [く] | TOP ▲
原題:Closer
監督/製作:マイク・ニコルズ
脚本/原作:パトリック・マーバー
出演:ジュリア・ロバーツ/ジュード・ロウ/ナタリー・ポートマン/クライブ・オーウェン
2004年アメリカ


[ストーリー]
ジャーナリストのダン(ジュード・ロウ)は、ロンドンの街中でNYから来たストリッパーのアリス(ナタリー・ポートマン)と交通事故をきっかけに知り合い、同棲するようになる。
その後、小説家を目指していたダンは本を出版することになり、その著書のための写真を撮影するときにフォトグラファーのアンナ(ジュリア・ロバーツ)と出会う。
お互いに惹かれあうが、ダンがアリスと同棲していることを知り、アンナはダンを拒む。そして、アンナは医師のラリー(クライブ・オーウェン)と知り合い、付き合うようになる。
のちに、アンナの写真展で4人がお互いの存在を知り、その関係も絡み合っていくのだが…




観る前にドロドロだよ~っていう話を聞いていたんですが、確かにドロドロでした(笑)
じつはこの試写会は2回当たっていて、1回だけ観ればいいやーって思っていたのですが、1回ではよくわからなくて結局2回とも観にいってしまいました(←頭悪いし^^;)


話の筋はわかるんですが、それぞれのキャラクターの思いというか考えが、はっきりとわからないところが多かったような気がします(すごくぼかしている感じがしました)。その分、観る側の捉え方の幅が広がるのかな~というような気もしました。


それにしても、ナタリー・ポートマン。

この映画でゴールデングローブ賞の最優秀助演女優賞を取っただけあって、すごくよかったと思いました。
出ている4人の中で、一番魅力的でした!なんか目が離せなくって(←いい意味で)、かわいらしかったです。キャラクターも、わかりやすそうだけど奥が深いって感じだったので、なんか噛めば噛むほど味が出るっていう…スルメのような…(ごめんなさい)


音楽もよかったです。


O
『O(オー)』
買ってしまいました…



『クローサー』公式HP



あと、余談ですが…



クライヴ・オーウェンって




宇梶剛士さんに似てるって思ったのは私だけでしょうか…?




↑クリックしていただけると励みになります!


(2005年5月13日アメブロにてUP)
[2005/07/08 21:00] | 映画 [く] | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。