カテゴリー     - 映画 [み] -

スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『みなさん、さようなら』
映画 [み] | TOP ▲



原題:Les Invasions Barbares
監督/脚本:ドゥニ・アルカン
出演:レミ・ジラール/ステファン・ルソー/マリー=ジョゼ・クローズ/マリナ・ハンズ/ドロテ・ベリマン 他
2003年カナダ・フランス




[ストーリー]
ロンドンで証券ディーラーとして成功しているセバスチャン(ステファン・ルソー)。ある日カナダに住む母親ルイーズ(ドロテ・ベリマン)から電話がかかってきた。父親レミ(レミ・ジラール)の容態が悪いためカナダに戻ってきてほしいというのだ。
大学教授だったレミは、女好きでしょっちゅう浮気をしており、家族につらい思いをさせてきたことから、セバスチャンは父とあまり口を利かなくなっていた。
そのため、父のためにカナダに戻ることをためらったのだが、母の強い希望もあり、婚約者のガエル(マリナ・ハンズ)と一緒にカナダに戻ることにした。
レミが入院していたのは予算をあまりもらえず、設備を整えることもできない公立病院で、病室のない患者達が溢れかえっているようなところだった。
そこでセバスチャンは、レミをアメリカの病院に連れて行き、精密検査を受けさせる。
ところが、レミの病状は末期のガンで、治る見込みはないというのだ。
“友達を呼んで楽しい病室に”というルイーズの希望もあり、セバスチャンは、レミに幸せな最期を過ごさせてやろうと奔走するのだった…



みなさん、さようなら2003年のアカデミー賞で外国語映画賞を受賞した作品です。
この時に、山田洋次監督の『たそがれ清兵衛』もノミネートされていて、賞をとれるかも!?なんていう期待が日本のマスコミであったので、この作品が受賞したのがすごく印象に残っていて、一度観てみたいな~と思っていたんです。

が。

父親につらい思いをさせられてきて、父のようにはなるまいと頑張って成功してきた息子が(またこの人がデヴィッド・ドゥカプニーによく似てるんですよね~笑)、それでも父の最期が幸せになるようにと奔走するというのはいいことだと思います。


いいんだけど……ちょっと、お金ばらまきすぎでは?

いくらお金を持ってるったって、何をするにもお金を出せばなんとかなる、ってな感じで物事を進めていくのはちょっと引いてしまいました^^;
実際それで、何とかなってはいるんですけども…。

あと、安楽死っていうのも
今アメリカとかでは色々議論されてるようですが、今の日本ではまず選択肢として有り得ないことなので、なんか違和感がありました。しかも麻薬を使ってるし。

ただ、お互いに心を開くことができなかった父と息子が
最後の最後でようやく気持ちを通い合わせるあたりは良かったです。
レミがセバスチャンに、「おまえのような息子を作れ」というところではちょっとほろりときてしまいました。
あと、麻薬中毒になってしまっているナタリー(マリー=ジョゼ・クローズ)がものすごく存在感があります。
レミの痛みを取り除くためのヘロインを使った治療(というんでしょうか…?)のためにを雇うんですが、彼女がレミと接していくうちに、更正していこうとする姿がとても印象に残りました。
それから、最期を一緒に過ごしてくれた家族や友人達(元愛人もいますが…)。
自分がもし、今死にそうだとして、これだけ楽しく最期を一緒に過ごしてくれる人がどれだけいるだろうって考えたら、すごーく羨ましい感じがしました。
これって、すごく幸せなことかも。


自分が死ぬときの事をちょっと考えてしまいました…。
(まだまだ死なないぞ~笑)



↑ポチっと押していただけると嬉しいです!

スポンサーサイト
[2005/09/20 00:53] | 映画 [み] | トラックバック(1) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
『ミスティック・リバー』
映画 [み] | TOP ▲
ミスティック・リバー
原題:MYSTIC RIVER
監督:クリント・イーストウッド
脚本:ブライアン・ヘルゲランド
原作:デニス・ルヘイン
出演:ショーン・ペン/ケヴィン・ベーコン/ティム・ロビンス/ローレンス・フィッシュバーン/ローラ・リニー/マーシャ・ゲイ・ハーデン 他
2003年アメリカ


[ストーリー]
幼馴染だったジミー(ショーン・ペン)とショーン(ケヴィン・ベーコン)とデイブ(ティム・ロビンス)。だが、子供のころデイブが誘拐され性的虐待を受けた事件を境に疎遠になってしまっていた。
ジミーは刑務所に入ったことがあるものの、今は足を洗い2番目の妻アナベス(ローラ・リニー)と子供たちと平穏に暮らしていた。ティムは過去のトラウマがあるものの、妻のセレステ(マーシャ・ゲイ・ハーデン)と息子と生活をしていた。
ところがある日、ジミーの19歳になる娘ケイティ(エミー・ロッサム)が何者かに殺されてしまう。その捜査に当たったのが殺人課の刑事になっていたショーンだった。こうして疎遠だった3人が再会する。
デイブの妻セレステは、デイブがケイティの殺された夜、血まみれになって家に帰ってきていたため、彼がケイティを殺したのではないかと疑い始めるのだが…



3人ともがそれぞれに問題を抱えていて、ジミーの娘を殺した犯人を究明しながら、その問題も徐々に明らかになっていきます。ストーリーにすごくふくらみがあって見ごたえがあります。
ただ、内容はすごく重いテーマだし、観終わったあとはしばらく茫然としてしまいました。

子供のころの事件が後々まで尾を引いて、新たな事件になってしまうのは観ていてすごくつらいものがあります。いつも事件のことを引きずってきていて、そしてこれからも背負って生きていかなければならない。「あのとき、もし…」ってずっと考えながら生きずにいられない。考えただけでも切ないし、過酷だと思います。

とにかくショーン・ペンの娘を失った悲しみの演技がすごいです。しょっぱなから泣けました。そして、ショーン・ペンだけでなくて、あやうい感じのティム・ロビンスの演技、アナベスの強さとセレステの弱さのコントラストの効いた感じも素晴らしかったです。もう、本当にぐいぐい引き込まれて、2時間20分ほどの時間があっという間に過ぎてしまいます。


この映画はアカデミー賞で、ショーン・ペンが主演男優賞、ティム・ロビンスが助演男優賞を取っていますが、そのときは私の好きなジャンルじゃないや~と思って観てませんでした。もっと早くに観とけばよかったっっと只今後悔中。(もう観たからいいけど)


余談ですが、ケヴィン・ベーコンってお兄さんと「ベーコン・ブラザーズ」っていうバンドを組んでるんですね~。知らなかった。あと、声がめっちゃ渋い!聞いてて気持ちよかったな~(笑)




↑クリックしていただけると励みになります!



(2005年5月19日アメブロにてUP)
[2005/07/08 21:00] | 映画 [み] | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。