カテゴリー     - 映画 [と] -

スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『ドラキュリア』
映画 [と] | TOP ▲


原題:DRACULEA
監督:パトリック・ルシエ
脚本:ジョエル・ソアソン
出演:クリストファー・プラマー/ジョニー・リー・ミラー/ジャスティン・ワデル/ジェラルド・バトラー/コリーン・アン・フィッツパトリック 他
2000年アメリカ




[ストーリー]
ロンドンで遺物館を運営しているヴァン・ヘルシング(クリストファー・プラマー)。
ある夜館員のソリーナの手引きで、窃盗団が遺物館に押し入った。
ヘルシングが最新鋭の機器で警備していた金庫は難なく開けられ、奥にあった銀製の棺を盗み出されてしまった。
ヘルシングはすぐに窃盗に気づくが、ちょうどその場にやってきた甥のサイモン(ジョニー・リー・ミラー)が警察に届けようとするとそれを強く押し留め、棺を取り戻すため、ひとりでアメリカ・ニューオリンズへと向かう。
その頃、窃盗団たちは飛行機に棺を載せ移動していた。仲間の一人が棺をこじ開けようとしているうち、手を切り、血が流れてしまう。すると棺の中から男(ジェラルド・バトラー)が出てきて、窃盗団は次々と襲われ、血を吸われてしまうのだった。
ニューオリンズではレコード店で働くマリー(ジャスティン・ワデル)は毎晩のように悪夢を見ていた。見知らぬ男に襲われる夢だ。
ルームメイトのルーシー(コリーン・アン・フィッツパトリック)らに相談をするが、解決できずにいた。
そして、ついには目覚めているにもかかわらず男の幻覚を見てしまう。その男は、飛行機の中で窃盗団を襲っている棺から甦った男だった…



ドラキュリア『オペラ座の怪人』でファントム役を決める際に、ジョエル・シュマッカー監督が以前に見ていたこの『ドラキュリア』でのジェラルド・バトラーを気に入っていて、ファントム役をオファーしたというだけあって、ひっじょ~~~にセクシーなヴァンパイアでございました(笑)




女は目で殺せ。byドラキュリア





ってな感じで、ひとたびこのドラキュリアを見ると、ハエ取り紙に引っ付くハエのように(例え悪い?)しゅるしゅる~~っと引き寄せられて血を吸われちゃってます、皆さん^^;
もう、これだけでもジェラルド・バトラーファンにはたまらないんじゃないでしょうか(笑)


それはさておき。

ドラキュリアこの映画は私が今までに見たドラキュラものとはちょっと違いました。
まず、音楽がロック調なこと。
ドラキュラ物といえば『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』の、あのちょっとねっとりとした、クラシックな雰囲気をイメージしてしまうんですけど、そのイメージを一蹴しました。

あと、ドラキュラといえば、日の光や銀、十字架なんかが嫌いというのが有名ですが、この弱点の理由を、キリストとかドラキュリアが死なない理由と絡めて斬新な発想で描いています。
かなりのネタバレになるのでここには書きませんが、想像していなかったけど、なるほど~と思える理由でした。

ヘルシングが早いうちにあっさり殺されてしまうのは、少し拍子抜けしましたが、なかなかうまく考えられていて面白かったです。

余談ですが、

ヘルシング役のクリストファー・プラマーって、
『サウンド・オブ・ミュージック』でトラップ大佐を演じたそうなんですが、ジュリー・アンドリュースの出演した映画ですよね?
もちろん、今とは全く年齢も違うんですが、あまりの面影のなさにちょっとびっくりいたしました…。

『ドラキュリア』公式HP


↑ポチっと押していただけると嬉しいです!

スポンサーサイト
[2005/09/16 00:24] | 映画 [と] | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
『トゥームレイダー2』
映画 [と] | TOP ▲

原題:LARA CROFT TOMB RAIDER THE CRADLE OF LIFE
監督:ヤン・デ・ボン
脚本:ディーン・ジョーギャリス
出演:アンジェリーナ・ジョリー/ジェラルド・バトラー/シアラン・ハインズ/ジャイモン・ハンスゥ/ノア・テイラー 他
2003年アメリカ




[ストーリー]
トレジャー・ハンターのララ・クロフト(アンジェリーナ・ジョリー)は、アレクサンダー大王が世界中から集めた財宝が眠っているといわれる月の神殿を見つけた。深海にあったその神殿を調べると、アレクサンダー大王の像があり、その胸にはメダリオンが埋め込まれていた。そして黄金の珠が鉄の檻に収められ、宙につられていた。それを取ろうとしていると、数人のアジア系の男たちが突然現れ、ララと一緒に来ていた二人の仲間が殺されてしまう。ララは必死に戦うが、メダリオンと珠は男たちに奪い去られてしまった。
珠を奪ったのはノーベル賞を受賞した科学者のジョナサン・ライス博士(シアラン・ハインズ)の指示によるものだった。彼は生物兵器をつくる第一人者だ。ララから奪った珠は、実はアレクサンダー大王が発見した、“パンドラの箱”の所在地を示す地図であり、その“パンドラの箱”をあけると、人類を滅亡させる災いが起こるというのだ…博士の陰謀を止めるためララは元恋人テリー(ジェラルド・バトラー)と共に、珠の追跡を始めるのだが…



前作は見たことがなかったんですが…
ゲームが元になった映画なんですね~知らなかったです^^;

とにかくアンジェリーナ・ジョリーがカッコイイです。
この映画はこの人を魅せるために作られたといってもいいくらいだな~(笑)
ストーリーは、ちょいちょい都合のよい感じはしないでもないんですが、それよりも、ビルから飛び下りて、なんていうんでしょう…ムササビのように(?)海の上の船に着地したり、バイクでアクロバットっぽい走行をしてみたり、ジェットスキーに乗って颯爽と登場してみたり…と、見ていて気持ちよかった!



が。




お嬢さん……






サメと闘ってるよ・・・(゜Д゜;)


しかも移動手段にしちゃってるし(笑)



やってしまいましたー!
腕を切った瞬間に、まさか…?とは思ったんですけれども、やっぱりでした^^;


あと、ちょっとわからなかったのが…。

後半にアフリカに行くんですが、そこで案内をしてくれる、(オフィシャルサイトによると)大学時代からの友人コーサ(ジャイモン・ハンスゥ)と待ち合わせをするんですけど、その登場のとき、


どうみてもハンググライダーにみえるんですが…


どっから飛んできたんでしょう??


見渡す限りの草原のように思うんですけれど……
ハンググライダーってそんなに長く飛べるのかな~?
イメージとしては山の上で滑走して飛んで、そのまま着地するっていうイメージなんですが…。練習すればできるのかな~?それともやっぱり都合よくつくられてるんでしょうか?

ストーリー自体はまぁまぁでした。
ちょっと展開が目まぐるしいのと、ララがトレジャーハンターじゃなくてMI-6でもいいんじゃない?っていうくらい悪人と戦いまくりなのが気になりましたが。
あっ、あとジェラルド・バトラー演じるテリーと元恋人同士っていう設定がもうちょっと何とかならなかったかな~、と思います。
結末も予想どおりだったし(笑)…きっとまだテリーに少し惹かれているララが苦渋の決断をする、みたいな感じを出したかったのかなとは思ったんですけれど、ララは感情があまり出てないし、テリーも深みがない感じで中途半端な印象でした。
ジェラルド・バトラーは好きなんだけどな~。

『スピード』が結構好きなので、期待して観たのでちょっと残念でした。
期待せずに観ると面白いかも(笑)

『トゥームレイダー2』公式HP



↑クリックしていただけると励みになります!
[2005/09/05 23:45] | 映画 [と] | トラックバック(3) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
『トゥー・ウィークス・ノーティス』
映画 [と] | TOP ▲




原題:TWO WEEKS NOTICE
監督/脚本:マーク・ローレンス
出演:サンドラ・ブロック/ヒュー・グラント/アリシア・ウィット/デイナ・アイビー 他
2002年アメリカ




[ストーリー]
環境保護運動に熱心に取り組んでいる弁護士のルーシー(サンドラ・ブロック)は、地元の公民館が再開発のため取り壊されると聞き、なんとか止めようと考えていた。
彼女が乗り込んだのは、ジョージ・ウェイド(ヒュー・グラント)の経営する不動産会社だった。「公民館を残してくれたら落札に手を貸す」と提案するルーシーに、ちょうど弁護士を捜していたジョージは「顧問弁護士になってくれたら公民館を残す」と持ちかける。
公民館を残す約束と、さらに環境保護活動に資金を使っていいと言われたルーシーは、ジョージの下で働くことにする。
ところが、実際に働いてみると、なんでも完璧にこなすルーシーにジョージは頼りっぱなしで、彼の離婚調停から果てには服選びまで頼るようになっていた。疲れきったルーシーはついに、「あと2週間でやめる」と宣言するが…



ヒュー・グラント、めっちゃハマリ役じゃないでしょうか…
かなり優柔不断な感じで、軽くって、でも男前で、キレイな女の人だ~い好き♪っていうのが、ぴったり合っているような(笑)
あと、サンドラ・ブロックの、掌の上で転がす(ヒュー・グラントを)感じも絶妙です。

コメディタッチなので、あまり深く考えず、気軽に観ることができると思います。わりとサクサクっと進んでいくので、あっという間に観終わりました。

ひとつ気になったのが、序盤のジョージの離婚調停のシーン。慰謝料だか、扶養料だったか忘れたんですが、大金を相手側の弁護士が要求したときに、日本語で「トンデモナ~イ!」ってルーシーが言ってます。できる女の役だから数ヶ国語を操れるのよ!ってことだと思うんですが、ご覧になられる方は一度チェックしてみてください(笑)

それにしても、ヒュー・グラントの出てる映画よく観てるな~(^^;




↑クリックしていただけると励みになります!



(2005年6月10日アメブロにてUP)
[2005/07/08 21:00] | 映画 [と] | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。