カテゴリー     - 映画 [た] -

スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『タイムライン』
映画 [た] | TOP ▲




原題:TIMELINE
製作/監督:リチャード・ドナー
脚本:ジェフ・マグワイア
原作:マイケル・クライトン
出演:ポール・ウォーカー/フランシス・オコナー/ジェラルド・バトラー/ランベール・ウィルソン/ビリー・コノリー 他
2003年アメリカ



[ストーリー]
600年前の遺跡から、数日前出掛けたはずの発掘チームのリーダー、ジョンストン教授(ビリー・コノリー)の助けを求める手紙が見つかった。教授の息子クリス(ポール・ウォーカー)は、助教授のマレク(ジェラルド・バトラー)やケイト(フランシス・オコナー)ら、チームのメンバーと共に、教授の出掛けた先であり、発掘のスポンサー企業のITCへ向かったのだった。
そこで聞いた話は驚くべきものだった。なんと教授は時間転送装置でタイムトラベルを行っていたが、予想外の事故で1357年の英仏戦争中のフランスで行方不明になってしまったというのだ。クリスたちは自らタイムトラベルをし、教授を助けに行くのだが…



主役のはずのクリスがあんまり目立たなかったのが気になりました…

最初の方のITCでの場面でも、一緒に行った仲間の方がよくしゃべってるし、リーダーシップがあるし。お父さんが行方不明のはずのクリスはなんだか存在感薄いんです…

1357年の方でもマレクのほうがめっちゃ目立ってるんですよね~。マレクは単独で行動して人を助けたりするので、登場するシーンも多いし、あと最後にした選択も男前な感じで、おいしい役です~(笑)




っていうか




クリス、主役じゃ


なかったのかもヽ( ・∇・;)ノ



あまりふれないでおこう…



この本は、マイケル・クライトンの小説が原作なんですが、本を読んだ方にはちょっと物足りないかな~っていう感じがすると思います。まぁ、あれだけの内容を完璧に映画化するのは難しいですしね~^^;
でも、読んでない方にはスピード感もあるし、ちょっとハラハラもするし、それなりに楽しめるかなと思います。




↑クリックしていただけると励みになります!


(2005年6月10日アメブロにてUP)
スポンサーサイト
[2005/07/08 21:00] | 映画 [た] | トラックバック(1) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。