カテゴリー     - 映画 [ち] -

スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『チョコレート』
映画 [ち] | TOP ▲



原題:Monster's Ball
監督:マーク・フォスター
脚本:ミロ・アディカ/ウィル・ロコス
出演:ハル・ベリー/ビリー・ボブ・ソーントン/ヒース・レジャー/ピーター・ボイル/ショーン・コムズ 他
2001年アメリカ





[ストーリー]
刑務所の看守をしているハンク(ビリー・ボブ・ソーントン)。父親のバック(ピーター・ボイル)も以前同じ仕事をしており、今は退職していた。そして、今は息子のソニー(ヒース・レジャー)も看守の仕事をしているのだが、ハンクはソニーの情けなさ苛立ちを感じていた。
その刑務所には間もなく電気処刑が行われる予定の黒人の囚人、ローレンス・マスグローブ(ショーン・コムズ)がおり、その家族、妻のレティシア(ハル・ベリー)と息子のタイレルが最後の面会に訪れていた。
ローレンスの処刑が行われる際には、ハンクやソニーなどの看守が立ち会ったのだが、処刑に立ち会うことに気分の悪くなったソニーは役目を果たすことができなかった。積もり積もった怒りにハンクはきつい言葉でソニーを責めるが、ソニーはハンクやバックの目の前で命を絶ってしまうのだった。息子の死に打ちのめされたハンクは刑務所を辞めてしまう。そしてある夜、車に乗っていたハンクは道端でケガをしたタイレルを助けて欲しいと叫ぶレティシアに出会うのだった…


ハル・ベリーがアカデミー賞の最優秀主演女優賞を受賞した映画です。

終始抑え目のトーンで、粛々と進んでいくような印象でした。それでいてひとりひとりの存在感がものすごく大きく重苦しく感じられて、アメリカの娯楽大作とは一味違うな~という感じがします。

でてくる役者さんはみんな存在感があったんですが、ヒース・レジャーがひっそり目立っているように思いました。前半で自分で命を絶ってしまうので、でてくるシーンは少ないし、セリフもそれほど多くはないんですが、祖父と父の存在に圧迫されて悩み苦しんでいる様子が、ひしひし伝わってくるので印象に残ります。
あと、ビリー・ボブ・ソーントンの演じるハンクの、前半、父親に影響された排他的な考えが、ソニーの死やレティシアとの出会いによって、大きな変化が起こるところも、あまりの変わりように痛々しさすら感じるほどでした。

説明的なセリフはほとんどなかったので、演技や映像から想像しながら観る部分が多いように思います。全体的に緊張感も張りつめている感じなので、観終わったあと、息を詰めて観ていたのに気づきました^^;


『チョコレート』公式HP



↑クリックしていただけると励みになります!
スポンサーサイト
[2005/07/26 02:14] | 映画 [ち] | トラックバック(2) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー2』
映画 [ち] | TOP ▲




原題:倩女幽魂2
監督:チン・シウトン
製作:ツイ・ハーク
出演:ジョイ・ウォン/レスリー・チャン/ミシェル・リー/ジャッキー・チュン/ウー・マ 他
1990年香港




[ストーリー]
スーシンを失ったツァイサン(レスリー・チャン)はイン道士(ウー・マ)と別れ、街へ戻っていった。
ところがそこで、無実の罪をきせられ牢屋に入れられてしまう。そしてある日、首を切られ処刑されることになる。
その時、同じ牢に入れられていた老人が、自分が壁に作っていた逃げ道から、ツァイサンを逃してくれた。ツァイサンは老人に感謝しつつも旅を続けることにする。
そして、チャオ(ジャッキー・チュン)という野道士と出会うのだった。さらに、チー・フォン(ジョイ・ウォン)とユー・チー(ミシェル・リー)という姉妹とその仲間と出会う。
チー・フォンはスーシンと瓜二つだったので、ツァイサンは驚き、彼女に惹かれる。姉妹はツァイサンのことを有名な学士と勘違いし、彼女達の父親を救うために力を貸して欲しいとツァイサンに頼むのだった…



前作の終わりの部分が最初にチラッと復習のように出てきます。前作では、ツァイサンとイン道士が虹に向かって走っていく、という終わり方だったんですが、「2」のほうでは、ちょっと修正して(笑)、2人はその場で別れます。吹き替えの声も別の人になってるような気がします…

ツァイサンは相変わらず、のんびりのほほーんなボケッぶりを発揮しています。



が。



何と言ってもこの「2」では、チャオが目立っています!今回はイン道士が出番が少ない分、チャオがたくさん出てきます。口から血を吐いたり、モグラのように地下を走ったりして、頑張ります(笑) けど、出番が多くて活躍する割には最後あっさりと死んでしまいます。香港映画だから、死んだと見せかけてやっぱり生きてました~ってもう一度出てくるかな~と思ってたんですが、出てこなかった。あんなに頑張ったのにねぇ…

あと、妖怪もでてきます。
これがまたチープな感じで何ともいえません^^; 金ピカの妖怪の仏様が出てきた時には目が点になってしまいました…

今回もツァイサンとチー・フォンの恋はありますが、前作より恋愛が主っていう印象は薄くなっています。一応、それなりにエピソードはあるんですが…。やっぱり、チャオが張り切りすぎてるからかなー(笑)

チャオ好きだわ~^^




↑クリックしていただけると励みになります!

(2005年7月4日アメブロにてUP)
[2005/07/08 21:00] | 映画 [ち] | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』
映画 [ち] | TOP ▲




原題:倩女幽魂
監督:チン・シウトン
製作総指揮:ツイ・ハーク
出演:レスリー・チャン/ジョイ・ウォン/ウー・マ 他
1987年香港





[ストーリー]
若い書生、ニン・ツァイサン(レスリー・チャン)は借金の集金をしながら旅をしていた。その途中、雨に降られ、泊まるところもお金もなく、たどり着いたのが蘭若寺だった。この寺は幽霊が出るとの噂がある寺で、そこでツァイサンはイン道士(ウー・マ)と出会う。イン道士は寺に住んでいるのだが、ツァイサンに怖いものが出るから寺から出てゆくよう告げた。しかし、行く当てのないツァイサンはそのまま寺に泊まることにした。するとその夜、どこからか琴の音が聴こえてきたのだった。ツァイサンが音のするほうへ行ってみると、そこにはスーシン(ジョイ・ウォン)という若い女性がいた。ツァイサンは知る由もなかったが、スーシンは実は幽霊だったのだ…



ストーリーの主になるのは、人間と幽霊との切ない恋。


……のはずなんですが、それを上回るかのようなボケの数々!

しょっぱなから、ツァイサンがお弁当(何かはよくわからないんですが、パンのような固形物)を食べようとすると、それがめっちゃ固くて、固すぎるので思わずそれで岩を叩いてみたら岩が割れて、びっくりして捨てようと思って足で蹴ったら靴が破れて…というふうに、これでもか、これでもかっていうくらい笑いどころが散りばめられています。だけど、ただおかしいだけじゃなくって、その時のレスリーの表情がいいんですね~^^

それに、中にはちゃんと真面目なシーンもありますのでコメディとシリアスとの強弱がついているし、ツァイサンとスーシンの恋がどうなるかも気になって、目を離すことができないくらい面白かったです。




だけど、ひとつだけ言っていいですか><




--ここからネタバレ(反転すると見れます)


命懸けてまで助けようとしたスーシンが
消滅してしまってめっちゃ悲しいはずなのに






虹を見た瞬間、笑顔で


爽やかに去っていくのは


何故ですかーーー!!


(:゜д゜:)ハアハア






そこまで、スーシンが生き返ることができなくてかわいそ~(T T)っていう悲しみモードだったのが一気に脱力しました(笑)
…もしかして、それが狙い!?



ネタバレここまで--

とにかく、レスリー・チャンが真剣にボケてるのが笑えますし、ツァイサンというキャラクターも純朴な感じですごく魅力的です。彼はこのとき30歳くらいなんですが、すごく幼く見えてかわいいです。確かジョイ・ウォンが20歳くらいだったように思うんですけど、ジョイ・ウォンのほうがお姉さんっぽい^^; あと、ジョイ・ウォンもすごくキレイで幽霊役がハマっています。

惜しむらくは、声が吹き替えなこと。
昔の香港映画は声がほとんど吹き替えになってるそうです。まぁ、広東語はわからないのでこだわり過ぎなのかもしれないですが(笑)でも、本人の声で聞きたかったな~と。

ホラーのように見えますが、全然ホラーじゃないので(ちょっと気色悪いのは出てきますが)怖いのがキライな人も楽しめるのではないかと思います。




↑クリックしていただけると励みになります!


(2005年6月29日アメブロにてUP)
[2005/07/08 21:00] | 映画 [ち] | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。