カテゴリー     - 映画 [ゆ] -

スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『ユー・ガット・メール』
映画 [ゆ] | TOP ▲




原題:You've Got Mail
監督/脚本:ノーラ・エフロン
出演:トム・ハンクス/メグ・ライアン/パーカー・ポージー/スティーヴ・ザーン/ジーン・ステイプルトン 他
1998年アメリカ





[ストーリー]
母の後を継いで書店を経営しているキャスリーン(メグ・ライアン)。恋人のフランクと同棲しているが、今の楽しみはチャットで知り合った「NY152」というハンドルネームの男性とのメールのやり取りだった。
そんなある日、キャスリーンの店の近所に大型のディスカウント書店がオープンすることになり、彼女は不安を覚える。
一方、ディスカウント書店の御曹司ジョー・フォックス(トム・ハンクス)は、自分が何者かを隠したままキャスリーンの店で買い物をするが、なぜか彼女が気になってしまう。
しかし、2人は会うたびに衝突してしまうのだった。キャスリーンは「NY152」に自分の気持ちを正直に打ち明け、悩みを相談していたのだが、実は「NY152」の正体はジョーで、2人はお互いにメールの相手が誰か知らぬままやり取りを続けていた…



この映画を初めて観たのはネットをはじめるだいぶ前だったんですが、メールのやりとりをしている姿に憧れて(笑)、ネットを始めたとき迷わずA○Lを選んでしまいました(恥)
だって、「ユー・ガット・メール!」っていうのを実際に聞いてみたかったんです…^^;

メグとトムの共演はこの映画で3度目ですが、個人的にはジョーの役はトム・ハンクスじゃないほうが良かったような気がしました…なんか、見飽きたというか、トム・ハンクスは恋愛物じゃない映画に出る方がしっくりくるんですよね~
それに、最後の方でのジョーの小細工戦略がどうも気に入らなかったです(><) 相手に好きになってもらおうと必死で、絶対上手くいかせたいっていう気持ちもわかるんだけど…騙してる感じがいやだ~!

ですが、キャスリーンの本屋さんでの従業員(?)との関係はすごく良かったです。特に気に入ったのは、キャスリーンが「NY152」と会う約束をしたのに会えなかった(と思っていた)時に、「すっぽかされたの?」っていう会話をするシーン。4人の関係がいい感じで気に入っています。本屋さんの雰囲気もいい感じだし、こういう本屋さんだったら働いてみたいかも(笑)

あと、NYの街並みがたっぷりと堪能できます~!



↑クリックしていただけると励みになります!



(2005年7月3日アメブロにてUP)
スポンサーサイト
[2005/07/08 21:00] | 映画 [ゆ] | トラックバック(3) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。