カテゴリー     - 映画 [う] -

スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『ウォルター少年と、夏の休日』
映画 [う] | TOP ▲


原題:SECONDHAND LIONS
監督/脚本:ティム・マッキャンリーズ
出演:マイケル・ケイン/ロバート・デュバル/ハーレイ・ジョエル・オスメント/キーラ・セジウィック/エマニュエル・ヴォージュア/ニッキー・カット/ジョシュ・ルーカス 他
2003年アメリカ





[ストーリー]
14歳になるウォルター(ハーレイ・ジョエル・オスメント)は夏の間テキサス州に住むおじいさんたちの農場に預けられることになった。母親のメイ(キーラ・セジウィック)が速記学校に通うので、その間はウォルターがいないほうがいいというのだ。
今までに会ったこともないおじいさんたちで、しかも何も知らせずに行くこともあり、ウォルターは不安な気持でいっぱいだった。
着いた農場は、周りに何もない所で、家にはテレビすら置いてなかった。初めて会ったおじいさん、ハブ(ロバート・デュバル)とガース(マイケル・ケイン)の兄弟は無愛想で、ウォルターもなかなか二人に馴染むことができなかったのだが…



いや~よかったです。
さすがアカデミー賞を受賞した俳優さんが揃っているだけあって、見ていて安心感がありました。

ウォルター少年と、夏の休日なんといっても、ロバート・デュバルとマイケル・ケインの演じた二人のおじいさんがパワフル!
でもなんか憎めないおじいさんたちです。
家に来たセールスマンを銃で脅かして追い払ったり、魚釣りが魚撃ちに(もちろん銃を使って)なっちゃったり、若者に喧嘩を売って、勝っちゃって、しまいには若者達に「男とは~!」と説教しちゃったり。
荒っぽいハブと、それをフォローする感じのガースとのバランスも絶妙でした。

それから、オスメント君!いつ見てもうまいですね~。
散々、母親から嘘をつかれて傷ついていながらも、おじいさんたちに徐々に心を開いて、自分に自信を持っていく様子がじわじわ伝わってきて、ちょっとうるっときてしまいました。

ウォルター少年と、夏の休日あと、動物たちもかわいかったです!最初はウォルターをちょっと警戒するんですが、すぐになついて、どこへ行くにもひっついていくのが微笑ましかったです^^
出番は少ないんですけれど、この動物たちもいい味を出していました!


ウォルターはおじいさんたちによって、信じることを教えてもらい、自分の居場所を見つける。
そして、おじいさん達もウォルターと過ごすことで、自分達がまだ役に立つという自信をつける。
お互いが相手にとってプラスになる、すごくいい関係で、観ていて心が温まる映画でした。

『ウォルター少年と、夏の休日』公式HP



ちょっと余談なんですが…



オスメント君。



最近の画像を見つけてしまいました…。








オスメント君





………


………


ショックです、ええ(涙)



子役で売れちゃうとあとが大変ですね…


↑クリックしていただけると励みになります!
スポンサーサイト
[2005/09/02 20:27] | 映画 [う] | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
『ウェルカム!ヘヴン』
映画 [う] | TOP ▲
ウエルカム! ヘブン
原題:Sin noticias de Dios
監督/脚本:アグスティン・ディアス・ヤヌス
製作:エドゥアルド・カンポイ/ヘラルド・エレロ/エドムンド・ヒル・カサス
出演:ペネロペ・クルス/ビクトリア・アブリル/ファニー・アルダン/ガエル・ガルシア・ベルナル 他
2001年スペイン・イタリア・フランス合作


[ストーリー]
昇ってくる魂が激減して、天国は破滅寸前になっていた。
天国の作戦本部長マリーナ(ファニー・アルダン)は、この状態を良くしようと天国の歌手ロラ(ビクトリア・アブリル)を使者として地上に派遣することにした。任務は天国を救う鍵となる、ボクサーのマニの魂を天国へ昇らせることだった。
一方、地獄には多くの魂が堕ちてきて過密状態になっている。天国との戦いに勝利を予感していた地獄陣営だったが、天国の動きを察知し、マニの魂を地獄へ堕とすため地上へ工作員を送ることにする。
地獄の作戦本部長ジャック(ガエル・ガルシア・ベルナル)が工作員として選んだのはウェイトレスのカルメン(ペネロペ・クルス)だった。地上でロラはマニの妻、カルメンは従姉妹として暮らすようになるが…



なんか、もやもや~^^;
なぜボクサーの魂が天国を救うのか…などの、なんでそうなるの?っていうところとか、ちょっとだけ触れてそのまま放置されてしまったセリフとか…観終わったあと、気になって気になって仕方ないところがたくさんあります。
でも、天国の公用語がフランス語、地獄の公用語が英語、地上の公用語はスペイン語、天国と地獄の裁判所の公用語はラテン語、などとその辺はなかなか面白い設定です。

見所はなんといってもペネロペ・クルスかな。
行動もしゃべり方も男っぽいけどセクシーな役柄で、すごく存在感があります。このカルメンというキャラクターは、地獄のルールによる、ある秘密があって(最後には明かされるんですけれど)それが何か考えながら観るのは面白いと思います。

全体的に細かい所をこだわりすぎてうまく描ききれなかったっていう印象でした。設定が面白いと思ったのでちょっと残念だったなぁ~。

でもペネロペ・クルスは堪能できます!(笑)




↑クリックしていただけると励みになります!


(2005年5月15日アメブロにてUP)
[2005/07/08 21:00] | 映画 [う] | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。