カテゴリー     - 映画 [き] -

スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『きみの帰る場所 アントワン・フィッシャー』
映画 [き] | TOP ▲
アントワン・フィッシャー きみの帰る場所<特別編>

原題:The Antwone Fisher Story
監督:デンゼル・ワシントン
脚本:アントワン・フィッシャー
出演:デンゼル・ワシントン/デレク・ルーク/サリー・リチャードソン/ヨロンダ・ロス 他
2002年アメリカ


[ストーリー]
アメリカ海軍で働いているアントワン・フィッシャー(デレク・ルーク)。けんかっ早いため、同僚のちょっとしたひと言でカッとなり殴りかってしまう。そして、上官からの処分を受け、精神科医ジェローム・ダヴェンポート中佐の診察を受けるように命じられた。
初めのうちは、ダヴェンポートに全く心を開かなかったアントワンだが、徐々に自分の生い立ちを話し始めるのだった…



デンゼル・ワシントンの監督デビュー作。
アントワン・フィッシャー自身が脚本を書いた実話だそうです。



とりあえず



号泣(T-T)



アントワンの過去が、振り返ればいいことはほとんどないため少年時代のシーンは観ていて気の毒としか言いようがありません。
そのために心を閉ざし、とんがっているアントワンが、初めて自分のことを気にかけてくれる存在(ダヴェンポート)に出会って、おそるおそる心を開いていく様子が涙を誘います。また、辛い傷を負いすぎているアントワンを父親のように温かく見守るダヴェンポートもいい感じです^^

ひとつだけ、気になったのはダヴェンポートとその妻の不和の話。
突然ぎくしゃくする展開になっていたのでちょっと???って感じでした。アントワンが自ら困難を乗り越えるのを見て自分も!っていうところを描きたかったのだとは思うんですが、出し方がちょっと中途半端だな~っていう気がしました。

過去の傷を乗り越えて、自分の未来を切り開いていく。ストーリーとしてはすごくシンプルなものだと思いますが、観終わったあと、心が温まる映画です。




↑クリックしていただけると励みになります!


(2005年6月15日アメブロにてUP)
スポンサーサイト
[2005/07/08 21:00] | 映画 [き] | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』
映画 [き] | TOP ▲
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

原題:Catch Me If You Can
監督/製作:スティーブン・スピルバーグ
脚本:ジェフ・ネイサンソン
出演:レオナルド・ディカプリオ/トム・ハンクス/クリストファー・ウォーケン/マーティン・シーン 他
2003年アメリカ




[ストーリー]
フランク・アバグネイルJr(レオナルド・ディカプリオ)は父と母と三人で暮らしていたが、ある日父の仕事が失敗し、貧しい暮らしになってしまう。
そのうち両親は離婚することになり、フランクは両親のどちらと暮らすかを迫られるが、決めることができずに逃げ出したのだった。
ひとりになったフランクは暮らしていくためにお金が必要になり、小切手の偽造をし始める。そのうちFBI捜査官カール・ハンラティ(トム・ハンクス)の捜査の手が迫ってくるが…



レオナルド・ディカプリオとトム・ハンクス共演の映画です。
実在した詐欺師の人の話だそうです。

ひと言で言うと、おもしろかった。
あんまり期待せずに観たのですが、おもしろかったです。


楽しめるところは、詐欺の手口の痛快さと、フランクのずる賢さ。
おもちゃの飛行機に張ってある航空会社のマークを水でふやかして剥がして小切手に張って使ってみたり。でもそれでも騙せちゃう、ってところがびっくり。口も上手いし。


だけど、彼の恵まれなかった(途中からだけど)家庭生活と、それを何とかして(お金でだけど^^;)元に戻せるんじゃないかっていう、まだ子供な気持ちもちらちら見えるし、愛情に飢えてる感じでちょっとうるっとくるところもありました。

こんなに頭のいい人が実在したんだ(今も生きてらっしゃるんですかね~?)っていうのがものすごい驚き。

最後にフランクのその後が出てくるんですが



カール・ハンラティがいい人でよかったね!フランク!(涙)って感じがしました(笑)


『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』公式HP




↑クリックしていただけると励みになります!


(2005年5月9日アメブロにてUP)
[2005/07/08 21:00] | 映画 [き] | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
『キングダム・オブ・ヘブン』
映画 [き] | TOP ▲
キングダム・オブ・ヘブン 公式完全ガイド
原題:KINGDOM OF HEAVEN
監督:リドリー・スコット
脚本:ウィリアム・モナハン
出演:オーランド・ブルーム/エヴァ・グリーン/ジェレミー・アイアンズ/デヴィッド・シューリス/ブレンダン・グリーソン/マートン・ソーカス/リーアム・ニーソン/ハッサン・マスード 他
2005年アメリカ


[ストーリー]
鍛冶屋の青年バリアン(オーランド・ブルーム)。
ある日自分の村に十字軍の騎士団がやってくる。その中のひとりは有名な騎士ゴットフリー(リーアム・ニーソン)で、バリアンの父親だと名乗る。
バリアンは父についてエルサレムへ戦いの旅に出ることになる。
やがて、エルサレムの王の妹である王女シビラ(エヴァ・グリーン)に出会い、禁断の恋に落ちるのだった…



試写会で観てきました。

正直、よくわかりませんでした~^^;
なので、ストーリーも思いっきりはしょった感じになってますがお許しくださいm(_ _)m
十字軍とか宗教とかがかなり絡んでいるので、歴史(西洋史かな?)が好きで詳しくないといまいち話をつかめないような気がします。
全部観終わると、なんとなーく、この映画で言いたいことがわかるような気がするけれど(気がするだけです…)、なんか釈然としないまま観終わってしまいました。

と、思っていたらどうも『オペラ座の怪人』のときのように、字幕がおかしいと『キングダム・オブ・ヘブン』字幕改善署名なるものが行われているようです…。うーーん。私が理解できなかったのは字幕のせい?それとも自分の頭のせい?(笑)
とりあえず、もし字幕が改善されたらどちらなのか確かめてみたいと思います(後者だったら悲しいかも~)

ただ、すごいなと思ったのは終盤の戦闘シーン。
スケールが大きくて、手に汗握るような迫力がありました。

もうひとつすごいと思ったのは、エドワード・ノートン。
仮面をつけたままのエルサレム王を演じているので、顔は全く出さず(なので、見ただけでは誰だか全くわかりません)、目と声だけの演技だったんですが(しかも出てるシーンも少ないし)ものすごい存在感がありました。線が細くて、弱々しいイメージの中に王の風格や気品を感じさせる、それを目と声だけで演じてしまうというのがすごかったです。

そして、オーランド・ブルームは確かに男前でした(笑)


『キングダム・オブ・ヘブン』公式HP




↑クリックしていただけると励みになります!



(2005年4月28日アメブロにてUP)
[2005/07/08 21:00] | 映画 [き] | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。