スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『シモーヌ』
映画 [し] | TOP ▲




原題:SIMONE
監督/脚本/製作:アンドリュー・ニコル
出演:アル・パチーノ/レイチェル・ロバーツ/ウィノナ・ライダー/キャサリン・キーナー 他
2002年アメリカ





[ストーリー]
売れない映画監督のヴィクター・タランスキー(アル・パチーノ)。新作の映画も主演女優のニコル(ウィノナ・ライダー)に降板されてしまい、映画会社のトップであり、元妻のエレイン(キャサリン・キーナー)から、製作中止を言い渡されてしまう。
そんな時、昔討論会で見かけたことのある男性、ハンク(イライアス・コティーズ)がヴィクターの所にやってきた。彼はCGで女優を創造するシステムを作ったので、それを使って一緒に映画を撮りたいというのだ。
ヴィクターは相手にしなかったのだが、後日ハンクの弁護士が彼の遺言をヴィクターのところに持ってきた。ハンクは自分の作ったシステムをヴィクターに遺したのだ。
映画に出てくれる女優を見つけられていなかったヴィクターは、恐る恐るそのシステムを使い、ヴァーチャルの女優、シモーヌを作り上げ映画の主役にするが…



最初はシモーヌがCGらしい映像だったんですが、途中から気持ち悪いくらい本物らしくなって驚いていたら…



本物でした(^^A



しかも、この監督の奥さんで、スーパーモデルなんだそうです。ホントにこんな人いるんだな~。監督といえば、『トゥルーマン・ショー』を撮った監督だそうで。あの映画も発想が面白くって好きだったんですけど、この『シモーヌ』のストーリーもなかなか面白かったです。

特に面白かったがアル・パチーノ。最初にシモーヌがCGだと隠したばっかりに、後々必死で小細工をする様子が笑えます。
あと、ウィノナ・ライダーがちょっとだけ出てるんですが、実際の彼女とかぶってる!?っていう感じがしました。

本編を観終わったあと、シモーヌが本物かどうか確かめるのにエンドロールを終わりまで見てたんですが、最後にちょっとおまけの映像がありました!
なんか、こういうのって嬉しいですよね♪これからご覧になる方は要チェックです!




↑クリックしていただけると励みになります!



(2005年6月11日アメブロにてUP)
スポンサーサイト
[2005/07/08 21:00] | 映画 [し] | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪『ポネット』 | ホーム | 『タイムライン』≫
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gerry69.blog15.fc2.com/tb.php/35-19ea58f8
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。