スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『ポネット』
映画 [ほ] | TOP ▲
ポネット

原題:Ponette
監督/脚本:ジャック・ドワイヨン
出演:ヴィクトワール・ティヴィソル/マリー・トランティニャン/グザヴィエ・ボーヴォワ/クレール・ヌブー 他
1996年フランス



[ストーリー]
車の交通事故で突然ママを失った4歳のポネット(ヴィクトワール・ティヴソル)。パパ(グザヴィエ・ボーヴォワ)からその死を知らされる。ママがいないのだ、ということはわかっても、ママが死んだ、という意味がわからないポネットはママに会いたいと人形のヨヨットと一緒に待ち続けるのだった。



とにかく、4歳でヴェネチア国際映画祭の主演女優賞を受賞したヴィクトワール・ティヴソルの演技が見どころです。終始、ちょびっと眉をしかめている悲しそうな表情がすごく印象的で、途中で他の子に「ママが死ぬのは子供が悪い子だからだ」というようなことを言われて、自分のせいだと悲しむ姿に胸が痛みました。あと、母親に帰ってきてもらうために、色んなことをする必死な姿に涙、涙です。

また、彼女だけでなくて、他に出てくる子供たちも(中盤から寄宿舎に入るので、子供がたくさん出てきます)すごく自然な感じで、演技をしているようには見えないほどです。

ストーリーは、母親がいなくなったことを知ってから、それを受け入れ、乗り越えるまでの話なんですが、単調な部分も多いので好き嫌いがかなりあると思います。宗教的な話もわりと出てくるのでそういうのが苦手な人は観づらいかもしれないです。




↑クリックしていただけると励みになります!


(2005年6月12日アメブロにてUP)
スポンサーサイト
[2005/07/08 21:00] | 映画 [ほ] | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪『マッチスティック・メン』 | ホーム | 『シモーヌ』≫
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gerry69.blog15.fc2.com/tb.php/36-c0e729a2
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。