スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『きみの帰る場所 アントワン・フィッシャー』
映画 [き] | TOP ▲
アントワン・フィッシャー きみの帰る場所<特別編>

原題:The Antwone Fisher Story
監督:デンゼル・ワシントン
脚本:アントワン・フィッシャー
出演:デンゼル・ワシントン/デレク・ルーク/サリー・リチャードソン/ヨロンダ・ロス 他
2002年アメリカ


[ストーリー]
アメリカ海軍で働いているアントワン・フィッシャー(デレク・ルーク)。けんかっ早いため、同僚のちょっとしたひと言でカッとなり殴りかってしまう。そして、上官からの処分を受け、精神科医ジェローム・ダヴェンポート中佐の診察を受けるように命じられた。
初めのうちは、ダヴェンポートに全く心を開かなかったアントワンだが、徐々に自分の生い立ちを話し始めるのだった…



デンゼル・ワシントンの監督デビュー作。
アントワン・フィッシャー自身が脚本を書いた実話だそうです。



とりあえず



号泣(T-T)



アントワンの過去が、振り返ればいいことはほとんどないため少年時代のシーンは観ていて気の毒としか言いようがありません。
そのために心を閉ざし、とんがっているアントワンが、初めて自分のことを気にかけてくれる存在(ダヴェンポート)に出会って、おそるおそる心を開いていく様子が涙を誘います。また、辛い傷を負いすぎているアントワンを父親のように温かく見守るダヴェンポートもいい感じです^^

ひとつだけ、気になったのはダヴェンポートとその妻の不和の話。
突然ぎくしゃくする展開になっていたのでちょっと???って感じでした。アントワンが自ら困難を乗り越えるのを見て自分も!っていうところを描きたかったのだとは思うんですが、出し方がちょっと中途半端だな~っていう気がしました。

過去の傷を乗り越えて、自分の未来を切り開いていく。ストーリーとしてはすごくシンプルなものだと思いますが、観終わったあと、心が温まる映画です。




↑クリックしていただけると励みになります!


(2005年6月15日アメブロにてUP)
スポンサーサイト
[2005/07/08 21:00] | 映画 [き] | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪『恋人はパパ ひと夏の恋』 | ホーム | 『白いカラス』≫
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gerry69.blog15.fc2.com/tb.php/39-ebeaaf3c
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。