スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』
映画 [ち] | TOP ▲




原題:倩女幽魂
監督:チン・シウトン
製作総指揮:ツイ・ハーク
出演:レスリー・チャン/ジョイ・ウォン/ウー・マ 他
1987年香港





[ストーリー]
若い書生、ニン・ツァイサン(レスリー・チャン)は借金の集金をしながら旅をしていた。その途中、雨に降られ、泊まるところもお金もなく、たどり着いたのが蘭若寺だった。この寺は幽霊が出るとの噂がある寺で、そこでツァイサンはイン道士(ウー・マ)と出会う。イン道士は寺に住んでいるのだが、ツァイサンに怖いものが出るから寺から出てゆくよう告げた。しかし、行く当てのないツァイサンはそのまま寺に泊まることにした。するとその夜、どこからか琴の音が聴こえてきたのだった。ツァイサンが音のするほうへ行ってみると、そこにはスーシン(ジョイ・ウォン)という若い女性がいた。ツァイサンは知る由もなかったが、スーシンは実は幽霊だったのだ…



ストーリーの主になるのは、人間と幽霊との切ない恋。


……のはずなんですが、それを上回るかのようなボケの数々!

しょっぱなから、ツァイサンがお弁当(何かはよくわからないんですが、パンのような固形物)を食べようとすると、それがめっちゃ固くて、固すぎるので思わずそれで岩を叩いてみたら岩が割れて、びっくりして捨てようと思って足で蹴ったら靴が破れて…というふうに、これでもか、これでもかっていうくらい笑いどころが散りばめられています。だけど、ただおかしいだけじゃなくって、その時のレスリーの表情がいいんですね~^^

それに、中にはちゃんと真面目なシーンもありますのでコメディとシリアスとの強弱がついているし、ツァイサンとスーシンの恋がどうなるかも気になって、目を離すことができないくらい面白かったです。




だけど、ひとつだけ言っていいですか><




--ここからネタバレ(反転すると見れます)


命懸けてまで助けようとしたスーシンが
消滅してしまってめっちゃ悲しいはずなのに






虹を見た瞬間、笑顔で


爽やかに去っていくのは


何故ですかーーー!!


(:゜д゜:)ハアハア






そこまで、スーシンが生き返ることができなくてかわいそ~(T T)っていう悲しみモードだったのが一気に脱力しました(笑)
…もしかして、それが狙い!?



ネタバレここまで--

とにかく、レスリー・チャンが真剣にボケてるのが笑えますし、ツァイサンというキャラクターも純朴な感じですごく魅力的です。彼はこのとき30歳くらいなんですが、すごく幼く見えてかわいいです。確かジョイ・ウォンが20歳くらいだったように思うんですけど、ジョイ・ウォンのほうがお姉さんっぽい^^; あと、ジョイ・ウォンもすごくキレイで幽霊役がハマっています。

惜しむらくは、声が吹き替えなこと。
昔の香港映画は声がほとんど吹き替えになってるそうです。まぁ、広東語はわからないのでこだわり過ぎなのかもしれないですが(笑)でも、本人の声で聞きたかったな~と。

ホラーのように見えますが、全然ホラーじゃないので(ちょっと気色悪いのは出てきますが)怖いのがキライな人も楽しめるのではないかと思います。




↑クリックしていただけると励みになります!


(2005年6月29日アメブロにてUP)
スポンサーサイト
[2005/07/08 21:00] | 映画 [ち] | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪『ユー・ガット・メール』 | ホーム | 『プリティ・プリンセス』≫
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gerry69.blog15.fc2.com/tb.php/48-0c717d86
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。