スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『ブルース・オールマイティ』
映画 [ふ] | TOP ▲



原題:Bruce ALMIGHTY
監督:トム・シャドヤック
脚本:スティーブ・コレン/マーク・オキーフ/スティーブ・オーデカーク
出演:ジム・キャリー/ジェニファー・アニストン/モーガン・フリーマン/リサ・アン・ウォルター/フィリップ・ベイカー・ホール 他
2003年アメリカ




[ストーリー]
TVレポーターをしているブルース(ジム・キャリー)。
長年夢見てきたアンカーになるチャンスが来たと喜んでいたら、同僚のエヴァンが新しいアンカーになりショックを受ける。怒りのあまり、生中継で無茶苦茶なレポートをしてTV局をクビになってしまった。
同棲している恋人グレース(ジェニファー・アニストン)は、ブルースを励まそうとするが、ブルースは逆に彼女にひどい態度をとってしまい、さらに気持ちを落ち着かせようと出掛けたドライブで、車をぶつけてしまうのだった。
ことごとくツイていないブルースは神に怒りをぶつける。翌日、ブルースのポケットベルに見知らぬ電話番号が入る。最初は無視していたが何度も入り、ブルースはある建物に呼び出された。
そこで彼を待っていたのは、なんと作業着を着た神様で、ブルースに神の力を与え、自分の代わりに神の仕事をするように、と言うのだ…。



なかなか面白かったです。

ブルースという、自分中心で与えられるばかりだった男が、人のことを想い、与えることを学んでいくストーリーで、精神的な成長をするところがよくわかります。特に前半はブルースがとても手に負えない激しさ(もう、ほんとにきぃぃぃぃぃーーーーーっっっっってなりそうなほど^^;)なので、終盤の悟ったようなところになると、「あ~~落ち着いたな~~」と感慨深くなりました。


ジム・キャリーのオーバーアクションは 、一瞬『マスク』を観ているのかと錯覚しそうでした。っていうか『マスク』の印象が強すぎたんですよね~
モーガン・フリーマンもいい味を出しています。この人は、こういう脇でも存在感のある役を演じていることが多いですよね~。なんか観ていて安心感があります。


個人的に一番ハマったのは、神の力を与えられたあと、そのことを信じられないブルースが、ダイナーのような店に入るところ。



お店の人が


トマトスープ(!)



を出してくれるんですが、スープ皿の中で………






映画 『十戒』の


あのシーンが!!!



(詳細は映画をご覧になってくださいね~)






ここはめっちゃ笑いました!←ベタな笑い大好き!
この時のジム・キャリーの顔もなんともいえない表情です!お見逃しなく~


余談ですが、この映画吹き替え版で観たんですけど、ジェニファー・アニストンの声が『フレンズ』の声の人と一緒なんです…観てる間じゅうレイチェルに思えて仕方ありませんでした--;




↑クリックしていただけると励みになります!



(2005年7月5日アメブロにてUP)
スポンサーサイト
[2005/07/08 21:00] | 映画 [ふ] | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪『星になった少年 Shining Boy & Little Randy』 | ホーム | 『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー2』≫
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gerry69.blog15.fc2.com/tb.php/51-1798ebaf
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。