スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『ディアボロス 悪魔の扉』
映画 [て] | TOP ▲


原題:The Devil's Advocate
監督:テイラー・ハックフォード
脚本:ジョナサン・レムキン/トニー・ギルロイ
原作:アンドリュー・ネイダーマン
出演:キアヌ・リーヴス/アル・パチーノ/シャリーズ・セロン/ジェフリー・ジョーンズ 他
1997年アメリカ



[ストーリー]
生徒にセクハラをした教師の裁判で被告の弁護をしていたケヴィン(キアヌ・リーヴス)。彼は今まで負けたことのない敏腕弁護士だった。ところが、ケヴィンは裁判の最中にこの教師が本当は有罪であることに気づく。無実だと信じて弁護してきたケヴィンは腹立たしく思いながらも、訴えた生徒の弱点をつき、無実を勝ち取った。
裁判に勝った祝杯を挙げていると、一人の男が近づいてくる。NYのミルトン法律事務所の者と名乗り、ケヴィンを雇いたい、と言うのだ。費用は全て事務所持ちの上、高額の小切手を示されたケヴィンは、妻のメアリー・アン(シャリーズ・セロン)と共にNYに移り住み、高級アパートで贅沢な暮らしを始める。
社長のミルトン(アル・パチーノ)にも気に入られ、大きな仕事を任されるなどケヴィンの仕事は順調に進んでいく。ところがメアリー・アンの周りで奇怪な現象が起こり始め、次第に彼女の精神が不安定になっていくのだった。



面白かったけど、脱力、しました~。

序盤から、事務所の人とか、アパートの人とか(←事務所の同僚ばっかりのアパートですが)、アル・パチーノとかがかなりアヤシイ雰囲気をかもし出していて、何かあるぞ~、何かあるぞ~と盛り上がっていったら、最後の最後でこんなオチ~!?っていう感じで、途中まではかなり予想外の展開だったから、最後がそんな終わり方か~と力が抜けました。まぁ、重々しく終わるよりはいいのかな~メアリー・アンも生きてるし(笑)

アル・パチーノも悪魔の役だけあって、ギョロリとした目で(あっ、これはもともとですね…)迫力のある演技です。それにしても、声が大きいな~この人。喉痛くならんかな~?って気になるくらい大きかったように思います。声を張りすぎているか、「ッハッハ~」って笑っている印象がすごく強かったな~。

そのアル・パチーノの存在感が強すぎて、振り返ってみるとキアヌ・リーヴスの印象がうっっっすい(笑) 出番も多くて、髪もぴっちり七三で頑張ってるんだけどな~。一番印象に残っているのは、キアヌがシャリーズのお尻にかぶりついてるところ(笑)と、初めてアパートに行った時に、ジャケットにネクタイにジーパンというなんだかとってもイケてない服装だったところ^^;
その服じゃ~スーツの上にジーパン合わせてるように見えますよぅ…。

それにしても、シャリーズ・セロン。すごかったです。バリバリ仕事していた人が、仕事を辞めて、お金もあって、することがなく、夫も家にめったにいない孤独な状態で精神的に参っていく様子がすっごくリアルでした。
体も張っていて、ボカシが入るほどのスッポンポンになっていらっしゃいます……

この映画も小説を元にしたそうです。アンドリュー・ニーダーマンの『悪魔の弁護人』という本なんだそうですが、ちょっと読んでみたい気がしました。




↑クリックしていただけると励みになります!
スポンサーサイト
[2005/07/14 23:27] | 映画 [て] | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪『ストーカー』 | ホーム | 『S.W.A.T.』≫
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gerry69.blog15.fc2.com/tb.php/53-4bc02aff
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。