スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『ストーカー』
映画 [す] | TOP ▲




原題:One Hour Photo
監督/脚本:マーク・ロマネク
出演:ロビン・ウィリアムズ/コニー・ニールセン/ミシェル・ヴァルタン/ディラン・スミス/エリック・ラ・サル 他
2002年アメリカ


[ストーリー]
大型スーパーにある現像カウンターで働いているサイ・パリッシュ(ロビン・ウィリアムズ)。よりよい写真を提供するため、こだわって仕事に打ち込んでいたが、私生活では家族が全くおらず、寂しい生活を送っていた。そんなサイの心の支えがカウンターの常連客である主婦のニーナ(コニー・ニールセン)とその家族だった。夫のウィル(ミシェル・ヴァルタン)と息子ジェイコブと暮らしているニーナは家族写真をよく現像しに来るのだった。ニーナの家族に憧れているサイは、彼らの家族写真を自分用に必ず焼き増しし、自宅の壁一面に貼り付けていた。そして、自分がその理想の家族の一員になっている空想にふけるのだった…



この映画を観ると……



カメラ屋さんでフィルムを現像に出しにくくなります(笑)
いまどき、フィルムの人もあんまりいないかな??

ロビン・ウィリアムズの出ている映画は今までコメディとかの明るい感じのものか、感動ものしか観たことがなかったので、この映画のロビン・ウィリアムズはかなり不気味です。部屋にニーナと家族の写真を壁一面に貼り付けて、無表情で見入っていたりとか、ニーナの家族の一員になったという空想の中での笑顔とか、気味悪さ全開です^^;
ただ、最後の逮捕された後の取調室で、子供の虐待はダメだ、みたいなことをサイが話すんですけれど、これがサイ自身が虐待を受けてトラウマになっているということを言いたいのかな~(それだったら、なんとなく納得がいく)と思ったんですけど、はっきりしてなかったのでいまいちすっきりしなかったです。もし、そうだったら、って考えると不気味なだけじゃなくって物悲しい気分になります…。

それにしても、この映画の中で店の人(サイなんですが)に、住所憶えられてそらで言われたりとか、前にも来たことあるよね、とか近くで見かけたことあるよとか言われて、客側はフツーに受け答えしてるんですけれど、これは普通なんでしょうか?アメリカ人はフレンドリーだから?(笑)それとも内心「なにこのオッサン!」って思ってても顔に出してないだけなのかな~
私だったら、気持ち悪くってお店変えちゃうけどな~>< ちょっと気になりました…


それから少しだけしか出てこないんですが、ベントン先生(byER)
が刑事役で出てます。
白衣、じゃなくて緑衣(?)を脱いだら普通の人でした(当たり前だ!)。

『ストーカー』公式HP



↑クリックしていただけると励みになります!
スポンサーサイト
[2005/07/16 01:08] | 映画 [す] | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪『ジョンQ-最後の決断-』 | ホーム | 『ディアボロス 悪魔の扉』≫
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gerry69.blog15.fc2.com/tb.php/54-40d0ef0e
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。