スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『マイ・ライフ』
映画 [ま] | TOP ▲

icon
icon
原題:My Life
監督/脚本:ブルース・ジョエル・ルービン
出演:マイケル・キートン/ニコール・キッドマン/ハイン・S・ニョール/マイケル・コンスタンチン 他
1993年アメリカ


[ストーリー]
ロサンゼルスでPR会社を経営しているボブ(マイケル・キートン)は、癌で余命わずかと診断されてしまう。
妻のゲイル(ニコール・キッドマン)は妊娠しており、その子供が生まれるまで生きられる保証がないと言われてしまう。治せるかもしれないというわずかな望みに賭けて様々な治療を試してみるが、どれも上手くいかなかった。
ボブは生まれてくるわが子に向けてのメッセージをビデオで撮り始めるのだが…


この映画は何度か観ているんですが、観るたびに泣けてしまう映画です。観たあとに後悔のない生活をしなきゃ~な~といつも思います。

最初にボブの子供時代のエピソードがあるんですけれど、夜、星に向かって、神様に「明日学校から帰ってきたらサーカスを家に来させてください」ってお願いして、もちろんそんなことはあり得なかったんですが、そのことをふと思い出して「子供が生まれるまで生きさせてください」ってこっそりお願いするところはすごく切ないです。

ただ、ボブが家をでた理由、というか家族と疎遠になっている理由というのがあ~んまり共感できないんですよね~。というか、両親の愛情を感じられなかったために疎遠になってる(と思うんですが)その原因がすっきりと(私の中で)収まりませんでした。だから、両親や家族とほとんど縁を切っている状態というのが行き過ぎのように感じてしまったところがありました。ここがすっきりわかれば完璧なのにな~(笑)

でもそれ以上に、ボブが悩み苦しんでそれを乗り越えていく様子や、(理由はわからなくても)家族と仲直りする様子が胸を打ちます。
自分がもし、余命わずかって宣告されたりしたらどうなんだろう、って考えてしまいました。

1993年の作品なんですが、服装がかなり時代を感じさせます(笑)
ニコール・キッドマンも奥さん役で出ているんですが、やっぱりきれいでした。




↑クリックしていただけると励みになります!
スポンサーサイト
[2005/07/24 00:38] | 映画 [ま] | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪『チョコレート』 | ホーム | 『ジョンQ-最後の決断-』≫
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gerry69.blog15.fc2.com/tb.php/57-6f4bb819
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。