スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『ラヴェンダーの咲く庭で』
映画 [ら] | TOP ▲
原題:LADIES IN LAVENDER
監督/脚本:チャールズ・ダンス

出演:ジュディ・デンチ/マギー・スミス/ダニエル・ブリュール/ナターシャ・マケルホーン 他
2004年イギリス

[ストーリー]
1936年、イギリス。ジャネット(マギー・スミス)とアーシュラ(ジュディ・デンチ)の姉妹は2人きりでコーンウォール地方にある庭の美しい家で静かに暮らしていた。ある嵐の翌朝、アーシュラは浜辺に打ち上げられている青年(ダニエル・ブリュール)を見つける。英語を話せない青年は、身ぶり手振りでアーシュラと話をし、ポーランド人であることがわかった。ジャネットが片言のドイツ語で語りかけると、青年も片言のドイツ語を話し、名前をアンドレアと名乗る。ケガをしていたアンドレアはジャネットとアーシュラの家で看病を受けるのだが、すぐにふたりにとって大切な存在になっていくのだった…



日本での公開直前にイギリスで「ピアノマン」という記憶喪失の男性がが見つかって、一部でこの映画の話題づくりではないかという報道がされたり、(そういえば、あの「ピアノマン」身元はわかったのかな~?)

エリザベス女王が涙した映画としても話題になっていた作品です。

上映期間が終了間近ということもあってか、映画館は超満員で立ち見がでるほどでした。客層は中高年層の女性が8割という感じで、若い人はあんまりいなかったです。

映画はとにかく、ジュディ・デンチの演技が素晴らしい!
もう恋する乙女!っていう感じで。でも、相手が自分の子供(下手をすると孫?)くらいの年の青年だっただけに、葛藤があって、でも気持ちを抑えられなくてっていう切ない感情とか、アンドレアとふたりでいるときに、すごく幸せ♪っていうオーラがバシバシでていたりとか、言葉ではっきり言っているわけではないのにものすごくよく伝わってきます。
それだけに、アンドレアが去ってしまった後、彼が寝ていたベッドで丸くなって横たわる様子が一層切なく感じられました。
だけど、涙する、っていうところまでは感情移入できなかったです。感情移入するには人生経験がまだまだ足りないんだろうなーと思います。

マギー・スミスは『眺めのいい部屋』での「かわいそうなシャーロット」の印象がものすごく強くて(このときも、ジュディ・デンチと共演してますね~)、いつも見るたびに「あっ、かわいそうなシャーロットだ!」と思ってしまうんですよね~(笑)
まぁ、それは置いといて^^

でてくる役者さんも味のある人ばっかりで、威勢のいいお手伝いのおばちゃんとか(アンドレアとのジャガイモシーンは笑いました)、下手するとストーカーなお医者さんとか。
あと、アンドレアを連れてロンドンに行ってしまう画家の役をナターシャ・マケルホーンが演じています。観てる間じゅう、どの映画で観たのかわからなくって気持ち悪かったんですが、『トゥルーマン・ショー』にでていた女優さんだということがわかり、すっきりしました(笑) 目がすごく印象に残る女優さんです。

庭にラヴェンダーが咲いていたかどうかは確認できませんでしたが、庭も含めて風景もすごくきれいで、癒されます。イギリスに行きたくなりました~。


『ビューティフル・ガールズ』もそうだったんですが、もうすこし年を重ねて、同じ年代になってから観てみると、また違った印象になりそうな気がしました。


『ラヴェンダーの咲く庭で』公式HP




↑クリックしていただけると励みになります!
スポンサーサイト
[2005/07/29 01:14] | 映画 [ら] | トラックバック(2) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪『サラマンダー』 | ホーム | 『皇帝ペンギン』≫
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gerry69.blog15.fc2.com/tb.php/60-43945757
ラベンダーの咲く庭で
きのう、どうしてもいけず本日行ってきました。渋谷BUNKAMURA。平均年齢推定65歳。どう探しても私が一番年下でした。水曜日じゃなくても60才以上だからみんな1000円だったな。おまけに満席。びっくりしました。平日で満席。ピアノマンが現われたニュースもすっかり消
毎週水曜日にMOVIE![2005/07/29 10:19]
ラヴェンダーの咲く庭で
しっとりとした本当にイギリス的な秀作。久々にこんなしっとりとした映画を見た。 夏のイギリスは花々がとても綺麗。この作品はそんな田舎の家の庭の風景やイングランド南西部のコーンウォール風景をとても情緒的に描いている。こういう描き方はなかなかハリウッド作品には難
世界でいちばん不運で不幸せな私[2005/08/04 03:39]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。