スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『恋は邪魔者』
映画 [こ] | TOP ▲



原題:Down with Love
監督:ペイトン・リード
脚本:イヴ・アラート&デニス・ドレイク
出演:レニー・ゼルウィガー/ユアン・マクレガー/デヴィッド・ハイド・ピアース/サラ・ポールソン 他
2003年アメリカ




[ストーリー]
1962年。バーバラ・ノヴァク(レニー・ゼルウィガー)は夢に胸を膨らませてニューヨークにやってきた。彼女の書いた「女性の幸せに恋は必要ない」という内容の『恋は邪魔者』という本を宣伝するためだった。ところが出版社の役員の男性達は彼女の本を理解できない。バーバラと編集者のヴィッキー(サラ・ポールソン)はより良い宣伝をするため、今売れっ子のプレイボーイのジャーナリスト、キャッチャー・ブロック(ユアン・マクレガー)に、バーバラのカバー・ストーリーを書かせようと約束を取り付ける。ところがキャッチャーはその約束を何度もすっぽかし、プレイボーイの噂どおりスチュワーデスの女性とのデートを優先させたのだ。約束をすっぽかした理由を知ったバーバラとヴィッキーは腹を立てながらも新たな宣伝を思いつき、それが成功してバーバラの本はベストセラーになるのだった。



好きだなーこういうの。
すっごく気楽に観れます。

なんといってもレニー・ゼルウィガーがとってもキュート^^
楽しんで演じてるって感じがすごく伝わってきて、観ているこちらもなんか楽しくなってきます。話し方もすごーくあまーい声でチャーミングです。
彼女の出演した映画は『ブリジット・ジョーンズの日記』くらいしかまだ観たことがなくって、それほど素敵だな~とは思っていなかったんですが、見直しました!
スタイルもいいし、映画の中で30着ほど衣装を変えているんですが(シーンが変わると衣装が変わってるんじゃないかと思うほどでした)、どれもよく似合っていてオシャレ。もちろん、衣装は60年代風のものばかりで、こちらも見ごたえがあります。

ユアン・マクレガーは、最初プレイボーイだということにすごく違和感があったんですが(笑)そのうち慣れました。髪の毛ペッタリも意外と似合ってましたね~。

一部ミュージカルっぽいので好き嫌い分かれるかな~という気がします。私は結構好きでした~新鮮な感じで。ストーリーは終わってみると何のことはないラブストーリーなんですが、ちょっっとだけひねりがあります。ただ、最後でばばばーーーっと説明されるので、「えっ!?」と思っている間に説明が終わってしまいました(汗)

とにかくレニー・ゼルウィガーを観るための映画ですね~^^


『恋は邪魔者』公式HP



↑クリックしていただけると励みになります!


スポンサーサイト
[2005/08/09 01:09] | 映画 [こ] | トラックバック(1) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪『アンダーワールド』 | ホーム | 『サラマンダー』≫
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gerry69.blog15.fc2.com/tb.php/61-d959c54d
Movie Review: 【恋は邪魔者】
恋は邪魔者 特別編ダイスキなユアンが出ている映画ということと、キュートな表情がまぶしいレネー・ゼルウィガーがお相手ということで、とっても楽しみだった映画でした。予告を観て、ダンスや歌なんかを期待していたんだけど、ムーランルージュやシカゴのような楽しい歌と踊
My Favorites[2005/08/11 11:47]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。