スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『亡国のイージス』
映画 [ほ] | TOP ▲
亡国のイージス 上  講談社文庫 ふ 59-2亡国のイージス 下  講談社文庫 ふ 59-3監督:阪本順治
脚本:長谷川康夫/飯田健三郎
原作:福井晴敏(「亡国のイージス」講談社刊)
出演:真田広之/寺尾聰/佐藤浩市/中井貴一/勝地涼/吉田栄作/谷原章介/豊原功補/橋爪淳/安藤政信/岸部一徳/原田美枝子/原田芳雄/チェ・ミンソ 他
2005年日本 現在公開中


[ストーリー]
海上自衛隊のイージス艦「いそかぜ」は東京湾沖で訓練航海をしていた。今回の訓練は重要なもので、FTG(海上訓練指導隊訓練)から溝口3等海佐(中井貴一)や山崎2等海佐(安藤政信)ら十数名が乗り込み指導を行うことになっていた。ところがそんな中、2等海士の菊政が事故で死亡する。先任伍長仙石(真田広之)は亡くなった菊政をそのままに航海を続けようしていることを知り、すぐに港に戻るよう艦長(橋爪淳)に直談判しに行った。
ところがそこで副長宮津(寺尾聰)から聞かされたのは、「いそかぜ」に密かに乗り込んでいる対日工作員が艦長を殺害し、さらに主犯格である仲間のヨンファという人物を海上で「いそかぜ」に引き入れようと企んでいて、さらに、その工作員は仙石の部下である如月(勝地涼)だというのだ。そしてそれを阻止するためにFTGを語りDAIS(防衛庁情報局)である溝口や山崎が乗り込んだという。
その如月は艦内に爆弾を盾に立てこもっていた。仙石は如月の知らない別の入り口から如月の元に向かい、如月から自分こそがDAISであり、対日工作員ヨンファが溝口で、それを阻止するための任務についていると聞かされる。どちらを信じてよいかわからなくなった仙石は、宮津や溝口らに如月を引き渡す。如月は捉えられるが、その後仙石ら乗務員達は強制的に退艦させられ、「いそかぜ」は宮津やヨンファらに乗っ取られてしまう。
「いそかぜ」を知りつくしている仙石は「いそかぜ」を取り戻すため一人で艦へ引き返すのだった…



いや~どこまで書けばいいのか、このストーリー。
出てくる人も多いし、ストーリーもややこしいというか細かいし。このストーリーで書いたとこまでで、まだ他にも出てきている人がいっぱいいるんですが、これ以上書けません(笑)

この映画は、ご存知の方も多いと思いますが、福井晴敏さんの『亡国のイージス 上』『亡国のイージス 下』という小説が原作です。

海上自衛隊のことを扱っているので、用語が普段見聞きしないものがとても多く、映画の始めのほうはセリフで話している言葉の意味がわからなくてちょっと挫けそうになってしまいました(><)日本語なのに~よよよ~
最初の方さえ乗り越えられれば(笑)あとは一気にいけます^^


とにかく熱いっ!


真田広之が。
ちょっと体がかゆくなるくらい熱かったです。(いやっ、良い意味でですよ~)人情味あふれる熱血先任伍長の役がハマっていました。
特に中井貴一の役が感情をほとんど表に出さない、冷血でクールな役だった(こちらもハマってたな~)ので、真田広之の熱さがすごく際立ったって感じですかね~。

で、そんな大活躍の真田広之=仙石の一番の見所は、何と言っても「手旗信号」でしょう。笑いどころでは全然ない、シリアスな場面なんですがな~んかおかしかったです。(きっと笑ってるのは私ひとりだけだったとは思いますが…)私と同じ笑いのツボを持つ人はいるんでしょうか…(笑)

あと、個人的には安藤政信と原田芳雄と寺尾聰が印象的でした~。安藤政信は対日工作員ヨンファの部下役なんですが、後半ほとんどセリフはないんですが、目がすごくギラギラしてて存在感のある演技でした。いや~すごかった。
原田芳雄は総理大臣の役なんですけど、演技がどうこうって言うのではなく、こういう総理大臣いそうだな~っていう感じで印象深かったです。
寺尾聰は『半落ち』のときとそっくりの状況、おんなじ奥さん(原田美枝子)、キャラがめっちゃかぶってました。

ひとつわからなかったのが、チェ・ミンソという韓国の女優さんがヨンファの仲間役で出ているんですが、彼女とヨンファの関係。ちょっとネタバレします→ 彼女が死んだとき、ヨンファが家族で映っている(と思われる)写真を燃やすんですが、やっぱり妹なのかな~?それにスタジアムでヨンファが歩いていると後ろから突然現れるのも彼女ですよね~?どういう意味なんでしょう?? ←ネタバレここまで。お分かりの方ご一報を~!ってか本読めばわかるかな~(笑)

最初にも書いたんですが、とにかく出演者が多い!結構有名な人がチョイ役みたいな感じで出てたりします。私のツレ曰く、「最初に誰が何役ってでてくればいいのに~」と申してました。というか、パンフレット買えばいいやん!

『亡国のイージス』公式HP


↑クリックしていただけると励みになります!
スポンサーサイト
[2005/08/24 22:09] | 映画 [ほ] | トラックバック(4) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪『ハルク』 | ホーム | 『サマータイムマシン・ブルース』≫
コメント
TBさせていただきました。
私もあの女の子の存在の意味が全くわからなかったのですが,私の記事にTBしてくださった方の情報によると,やはりヨンファの妹で のどを切られていて声が出ないという設定なのだそうです。
そんなん,見ただけでわかるかっ!と思いますが…(汗)。
[2005/08/25 01:00] URL | Deanna [ 編集] | TOP ▲
コメントありがとうございます!
ご一報ありがとうございます!(笑)
なるほど~。そういえば腕を撃たれたあとで血を止めているとき、喉の傷跡がクローズアップされてましたよね~。でも声も出ないなんて想像もしなかったです(汗)
[2005/08/25 22:43] URL | gerry [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gerry69.blog15.fc2.com/tb.php/68-abb93569
亡国のイージス(2005,日本)
 迷いに迷って観てきました。  亡国のイージス  基本的にDeannaは邦画には興味ない人なんですよ。ちょっと思ったんだけどなんだか最近 自衛隊協力系の映画、多くない?何のためのイメージアップかしら?以前『戦国自衛隊1549』を観た時は「こりゃ~ヤバかろう」と、あまり
The Final Frontier[2005/08/25 00:56]
出演者が男ばかりというだけありこれは”男の映画”だ。潜水艦モノの映画にハズレはない・・と勝手に思ってるんだけど。あ、これは船の話か。真剣になって観ないとわからなくなるような映画だった。原作と、イージス鑑とキャストのどれかに興味があればOKだろうけど、内容的
我想一個人映画美的女人blog[2005/08/27 15:21]
■亡国のイージス
 東京湾沖で訓練中の海上自衛隊イージス艦「いそがぜ」で、艦長が何者かに殺害された。宮津副艦長(寺尾聰)は、先任伍長の仙石(真田広之)に、犯人が如月一等海士(勝地涼)であると告げ、乗務員を艦から退去させる。しかし宮津は、某国の対日工作員、ヨンファ(中井貴.
ルーピーQの活動日記[2005/08/29 16:26]
亡国のイージス 06年1本目
亡国のイージス本数リセット、06年1本目からいきます。原作知らないし、コミック見たこと無いし、他の方のブログも読んでいません。でも、他の映画のコメントで、評価が低いんだなぁ、と思っていました。もう、すごい引き込まれた。めちゃくちゃ緊迫感があって、見....
猫姫じゃ[2006/01/14 01:43]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。