スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『シンデレラマン』
試写会 | TOP ▲
シンデレラマン原題:CINDERELLA MAN
監督:ロン・ハワード
ストーリー:クリフ・ホリングワース
脚本:クリフ・ホリングワース/アキヴァ・ゴールズマン
出演:ラッセル・クロウ/レニー・ゼルウィガー/ポール・ジアマッティ/クレイグ・ビアーコ/ブルース・マッギル 他
2005年9月17日よりロードショー

[ストーリー]
ジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)は80戦KOなしという記録を作った前途有望なボクサーだった。ところが次第に不運に見舞われる。“大恐慌”といわれる時代に入り、アメリカ社会は経済的に壊滅状態で、日々の暮らしに困る人々で溢れていた。ジムも全盛時代に貯めたお金を投資していたため全てを失い、今はジムの試合で稼ぐわずかなお金と、妻のメイ(レニー・ゼルウィガー)が縫い物をして稼ぐほんのわずかなお金で家族5人、苦しい生活をしていた。そのため、ある日の試合を右手を骨折したまま行い、散々な結果に終わってしまう。そしてこの試合を最後に、とうとうボクサーのライセンスを剥奪されてしまうのだった。
失業者になったジムはわずかな人数にしか割り振られない、その日限りの肉体労働でなんとか生活費を稼ごうとするのだが、それもなかなか仕事が得られずに、生活はますます困窮していく。そんな時、かつてのボクサー時代のマネージャー、ジョー・グールド(ポール・ジアマッティ)がジムの所にやってきて、一夜限りで試合をやらないかと持ちかけてきたのだった…



実話を元にした映画です。
ラッセル・クロウ、レニー・ゼルウィガー、ロン・ハワード監督それぞれに脚本を読んでいて、それぞれに、これをやりたい!と思ったという思い入れの非常に強いものなんだそうです。

ボクシングの映画か~と思って観にいったんですが
(もちろん、ボクシングもラッセル・クロウがちゃ~んと、トレーニングしているのですごいんですけれど…)
この映画は戦うことで人生を切り開こうとする夫と、それを支える妻の話がメインでした。

どんなスポーツ選手(だけとは限らないですが…)の奥さんも同じだと思います。
夫がケガをするかもしれない、(今回はボクシングなので)下手をすると死んでしまうかもしれない、という状況で、心配で心配で、本当はやめてほしいけれど、それでも夫を誇りに思って支える気持ちの強さには本当に尊敬してしまいます。
そんな優しいけれど芯のしっかりした妻メイをレニー・ゼルウィガーがものすごくうま~く演じていました。

ラッセル・クロウもすごかったです。
レニーもそうだったんですが、視線で会話してる感じ。
すごくお互い想い合う気持ちが、観ているだけで伝わってきました。
それと、ボクシング!なんでも、モハメド・アリとかシュガー・レイ・レナード(←スミマセン。この人は名前知らなかったんですが、史上初の5階級制覇をした人だそうです)などの超・超一流ボクサーを育てた、アンジェロ・ダンディというトレーナーが参加してトレーニングをしたそうです。
しかも、映画の中で対戦する相手は現役ボクサーだそうで、脳震盪とか、歯が欠けたりとか、肩を脱臼して手術をしたり、なんてこともあったそうです>_<
それでかどうかわかりませんが、確かに映画の最後ではラッセル・クロウの歯が欠けていたような…ひえ~

あと、子供たちもかわいかった!
子供は子供なりに現実をちゃんと見て、なんとか対処しようとしてるんですよね~。
長男がお肉屋さんからサラミを盗んでくるあたりは、うるっとくるものがありました。
お父さんが必死で戦ってるっていうのもちゃんとわかっていて。

ストーリーは、はっきり言わせてもらうと(笑)結末がかなり早い段階でわかってしまいました。
予想どおりの展開。なのにハラハラして、最後まで引き込まれて観てしまいます。
戦いで緊張して、家族の愛情に胸が熱くなって。
観てよかったな~と思いました^^
(涙腺の弱い方は初めのほうからうるっときてしまう可能性がありますので注意が必要!)

だけど、もう一度は観れないかも(汗)
私はメイの気持ちに感情移入してしまったので、試合でボコボコにされるのが見てられなかったです……

『シンデレラマン』公式HP


↑クリックしていただけると幸いです^^
スポンサーサイト
[2005/09/08 01:35] | 試写会 | トラックバック(6) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪『世界でいちばん不運で幸せな私』 | ホーム | 『ジョニー・イングリッシュ』≫
コメント
はじめまして。
流れ着いてきました。

試写会でシンデレラマン見ました。
自分的には、とりあえず、試合のリアルなサウンドが好きです。
そして、純粋に感動できるストーリーが良かったですね

他の映画の感想もいろいろ参考にさせていただきます~
[2005/09/15 22:35] URL | kana [ 編集] | TOP ▲
kanaさん
初めまして♪
ご訪問&コメントありがとうございます!

>リアルなサウンド
私はリアル過ぎて、ちょっと目をつぶったりしてしまいました^^;
[2005/09/16 02:26] URL | gerry [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gerry69.blog15.fc2.com/tb.php/73-4f841a3e
シンデレラマン
☆Cinderella Man/「シンデレラマン」 (予告編)劇場で予告編みてチョットウルってきました。早くもアカデミーショーの呼び声高し。監督は「アポロ13」のロン・ハワード。主演は「グラディエーター」のラッセル・クロウ。
予告編ブログ[2005/09/09 20:13]
シンデレラ・マン CINDERELLA MAN
ラッセル・クロウ,レニー・ゼルウィガー主演二年続けてボクシング映画のアカデミー賞?どうもこの作品は来年2006年のアカデミー賞を狙っているようだロン・ハワード監督 ブライアン・グレイザー、トッド・ハロウェルこのメンバーだとそう思われてもしかたないジム・ブラドッ
travelyuu とらべるゆうめも MEMO[2005/09/14 02:49]
シンデレラマン 
・・「皇帝ペンギン」を見た後、お父さんたちは見るべきじゃないかと思った。黙って子供を守り、妻を待つ父親の姿にとても学ぶものがあるのじゃないかと思ったからである。でも、この「シンデレラマン」。もっと、お父さんたちが観たらいいのかなと思った。(もちろんその妻
毎週水曜日にMOVIE![2005/09/21 23:19]
シンデレラマン
             ◆8月下旬、『シンデレラマン』の試
▽ネット社会、その光と闇を追うー[2005/10/03 01:46]
映画館「シンデレラマン」
ヨカッタです。フツーに良かったです。家族愛と、ボクサーとしての復活、ストーリーも面白かったし、キャストもピッタリはまっていて申し分ございませんでした。前半は家族愛、後半はボクサー復活といった感じ。ラッセル・クロウのボクシングシーンもなかなか迫力が...
☆ 163の映画の感想 ☆[2005/10/03 23:53]
『シンデレラマン』
『シンデレラマン』原題:CINDERELLA MAN製作:2005年米監督 ロン・ハワード 出演:ラッセル・クロウ/レネー・ゼルウィガー/ポール・ジアマッティ《公開時コピー》――心で語り継がれる《奇跡の実話》――かつては前途有望なボクサーとして活躍していた....
honu☆のつぶやき ~映画に恋して~[2006/02/05 14:49]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。