スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『セブンソード』
試写会 | TOP ▲
セブンソード原題:七剣(SEVEN SWORDS)
監督:ツイ・ハーク
共同制作/脚本:チョン・チーセン
脚本:チュン・ティンナム
原作:『七剣下天山』
出演:レオン・ライ/ドニー・イェン/チャーリー・ヤン/スン・ホンレイ/ルー・イー/キム・ソヨン/ラウ・カーリョン/チャン・チンチュー/タイ・リーウー/ダンカン・チョウ 他
2005年10月1日よりロードショー

[ストーリー]
1660年代、清王朝を築いた新政府は、反乱軍を鎮圧するため、武術の研究と実践を禁じる“禁武令”を発する。明王朝の軍人だった風火連城【フォンフォリェンチョン】(スン・ホンレイ)は私服を肥やすため、反乱軍の残党をはじめ、村人までも次々と殺し、死体に札をかけて政府に引渡し、お金を得ていたのだった。
そんな中、明王朝時代に処刑人を務めていた傳青主【フー・チンジュ】(ラウ・カーリョン)は以前の自分の行いに良心の呵責を感じていたことから、風火連城を止めようとしていた。
風火連城の次の標的は武荘という村で、この村の武元英【ウー・ユエンイン】(チャーリー・ヤン)が風火連城の追っ手に襲われたとき傳青主が彼女を助け、傳も傷を負ったため、共に武荘へ向かう。
ところが村の人たちは、傳の“風火連城が襲ってくる”という言葉を信じなかったため、元英は幼なじみの韓志邦【ハン・ジィパン】(ルー・イー)とともに傳を逃すことにした。そして、村を救うために傳の言う遠方にある神秘の山“天山”にいる剣士達に助けを求めにいくのだった…



私にとって、映画館で選んで観るならきっと選択順位の最後のほうにきそうなジャンルの作品なんですが、試写会で観てきました~。
なので、これから書く感想はこういうジャンルあんまり観ないのよ~っていう人向きです(あんまりよくわかってないので…笑)

『HERO』『LOVERS』に続く第3弾。
と言われているんだそうです。
が、両作品とも私は観たことがないので(汗)、実際のところ第3弾と言い切ってよいものかどうかは不明です。
武侠もの、と言われるジャンルなんだそうですが、キン・フー、チャン・チェ、ブルース・リー、サモ・ハン、ジャッキー・チェン、ジェット・リー、ユエン・ウーピンなどが武侠映画での代表的な人だとか。
……ハッハッハ~知らない人ばっかだ……映画はジャッキー・チェンのしか観たことないかも。

ということで、肝心の内容の方なんですが、


まず、スッパリ、グッサリ、ザックリ…よく切るな~。

というのが第一印象(笑)
切って切って!刺して刺して!首も飛ぶよ!腕も飛ぶよ!
って感じなので、そういうのを映像で観るのが苦手な人は
2時間33分の上映時間の3分の1くらいは目を瞑って観ることになるかも知れません^^;

あと、画面の切り替わりが早いことと色調が暗めなので
映っている人が誰かわかりづからかったです。
あまりにわからなかったので
名前で判断しようと思ったんですが、これがまた。
覚えられない!(年かな…笑)
セリフのなかで名前が出てきても
誰のことか思い出そうとしている間に
次のセリフが出てきてしまっているので(当たり前)
わからないまま終わっちゃったよ~~、というところが続発。

とくに、レオン・ライとドニー・イェン。
もともと知っている役者さんではなかったという、勉強不足もあるんですが、全体の3分の2くらいの間はどっちがどっちかわからないまま観ていたような気がします(汗)
最初はフードみたいなのをかぶってるのが“昭南(ドニー・イェン)”で、頭巾みたいなのをかぶってるのが“雲驄(レオン・ライ)”だ!って区別してたんですが、最後のほうはレオン・ライもフードみたいなのをかぶってしまっていたので、ごっちゃになって泣きそうになりました(笑)

それから、前半の“天山”に行って“七剣”と言われる剣士が終結するあたりは、剣も似たように見えるし、人もはっきり顔がわからないし、セリフの意味もよくわからないところが非常に多かったです。
とにかくわかったのは、強い剣士たちが剣を持って山を下りて戦うぞ~!ってことだけ(いいのか~そんな理解度で!)

さらに、剣士たちにはそれぞれに過去があるんですが、なにせ人数が多すぎるので、ほとんどの場合、それぞれの過去にさら~っと触れただけで終わってしまってるように見えたのがちょっと残念かな~。

あともう2~3回観てすっきりさせたい……ような気がします。

セブンソード読み返してみると、あんまりいいこと書いてないようにも見えるんですが、話としてはそんなに嫌いではなかったです。
七剣が正義の味方っぽく風火連城をバッサバッサと倒すところなんかは見ていて爽快だし、馬を駆っているところなんかは風景も雄大で見ごたえがありました。ワイヤーアクションもいかにも!っていう感じのは少なくって、自然に見えるし。個人的には風火連城の手下達に追い込まれて、壁を走って逃げるのが(七剣の誰だったのかは不明…笑)ちょっとツボでした。

それから、ドニー・イェンがカッコイイです。
↑ひとりで戦っている時はちゃ~んと見分けがつきました!(アップになることが多いので!)
最後の風火連城との対決がとっても見ごたえがありました。


ということで、
初めてこういうジャンルをご覧になる方、
『七剣下天山』の内容をご存じない方、
香港映画、特に名前が覚えられないわ~!(私のように)という方は
HPで事前にお勉強されることをオススメします。
理解度がかなり変わると思われマス(笑)

『セブンソード』公式HP


↑ポチっと押していただけると嬉しいです!
スポンサーサイト
[2005/09/23 21:53] | 試写会 | トラックバック(20) | コメント(1)
この記事のURL | TOP ▲
≪『ステルス』 | ホーム | 『みなさん、さようなら』≫
コメント
2,3回
お邪魔します~♪

2、3回観たらスッキリするのでしょうか?脚本が煮詰められてないから、何回観ても同じ気が・・・

ワースト・ワンでは無いけど、それに近い映画でした。
[2005/10/16 23:05] URL | はっち [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gerry69.blog15.fc2.com/tb.php/77-a3616c44
『セブンソード-七剣-』を鑑賞
 == セ ブ ン ソ ー ド 応 援 期 間 ==題名:セブンソード-七剣-時間:153分監督:ツイ・ハーク出演:レオン・ライ、ドニー・イェン、チャーリー・ヤン    ルー・イー、キム・ソヨン、スン・ホンレイ、ラウ・カーリョン 等あらすじ:1660年代、...
-PARADOX- 映画 金庸 武侠[2005/09/24 12:15]
「セブンソード」@東京厚生年金会館
今日2本目の試写会です。けど1本目と2本目の試写会の間にちょーっと時間があきすぎで直行するには…だったから御苑前のタリーズで時間をつぶして会場に向かったんだけど、一緒に見るあきちゃんがあーちゃんよりも1回遅い試写会で「蝉しぐれ」見てたのでギリギリになって
ö????ġ(o)[2005/09/25 22:08]
セブンソード 七剣
中国で興行ナンバーワン! が、豪華な歴史紙芝居に唖然とする ※トラベルムービー 
エンタメ!ブレイク?[2005/09/27 08:35]
セブンソード
ネタバレ気味です。試写会に行ってまいりました。眠たさとトイレに行きたさを我慢しながら見ていたので、もしかしたらマトモなレビューじゃないかもしれません“「HERO」「LOVERS」に続く第3弾”なぁんて言われてますけどねぇ、あちらはチャンイーモウ監督、そしてこちらは
シネマ日記[2005/09/27 10:29]
セブンソード
久しぶりにツイ・ハーク監督映画が観れる!しかもの武侠もの!で香港映画でありながら「HERO」以降、このジャンルがよほど商売になるのか、メジャー経由の作品なのでシネコンの大スクリーン!しかも聞くところによるとそれぞれ特殊な剣を持つ7人の剣...
It's a Wonderful Life[2005/10/02 11:24]
セブンソード
鑑賞した日 : 10月1日土曜日 鑑賞した劇場 : 109シネマズ名古屋(14:30~) 苦痛の2時間30分、よく我慢したと思う。上映中、何度気を失いかけたか。何度時計を見たことか。上映中に時計を見ることは滅多にありません。時計を見るということは、スクリーンから目...
★☆★ Cinema Diary ★☆★[2005/10/02 15:12]
「めざましテレビにどの人が出てきたのかわからない」と夫は言った。   七剣(セブンソード)
HEROがどうたら大げさに言うのみで、いったい誰が出てくるのかさっぱりわからないテレビCMでしたが、夫は、「めざましTVに出てきた二人はどの役をやっていたのだろう?」 わたしはリヨンとドニー以外は、ほんとに誰が誰だかわかりにくい。中
引っ越してきたよ[2005/10/02 16:40]
「セブンソード」をみて
『セブンソード』を見ました。『HERO』『LOVERS』に続く“武侠”超大作。個
ブログで豚犬殿下[2005/10/04 19:30]
セブン・ソード
先日のファーストデイに「セブン・ソード」を観てきました。私はもともと欧米諸国の映画が
Cinema Galleria[2005/10/05 16:47]
すさまじい剣戟「セブンソード」 ある人がちらついて 
黒澤明の偉大さが改めてよく分かる。あの人は映画の古典を創ったのだなあ。「セブンソード」がつまらなかった、とか物真似に終わっているということではない。黒澤作品にインスパイヤーされて中国の歴史のエトスとも言うべきものを感じさせるいい作品だ。単なる剣戟活動物語
梟通信~ホンの戯言[2005/10/08 10:24]
七剣《セブンソード》 (SEVEN SWORDS)
天空につらなる七つの星・・・すなわち北斗七星のもと、二千年の永きに渡り栄々と受け継がれてきた、恐るべき暗殺拳があった。その名も「北斗神拳」!北斗現れるところ、乱あり。世紀末救世主伝説の壮絶な戦いが、いま始まった・・・最強の英雄(ヒーロー)伝....
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!![2005/10/08 18:36]
「セブンソード」無名の戦士の雄姿を見よ!
「セブンソード」★★★★レオン・ライ、ドニー・イェン主演、香港映画刀を使う戦いを久しぶりに見て、体中が熱くなる。中国や朝鮮の歴史に詳しければ戦わなければならないという切実な背景も分かる。しかしそんな理由づけよりも7人の剣士の戦...
soramove[2005/10/12 07:48]
セブンソード 評価額・700円
●セブンソードをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 1600年代の中国。明朝を滅ぼした
Blog・キネマ文化論[2005/10/12 08:26]
セブンソード 七剣 SEVEN SWORDS
レオン・ライ主演17世紀清朝は明朝を滅ぼすため 禁武令と言う武芸者を取り締まる法律を作り武芸者を捕らえ、処刑する事に賞金を賭けるのです賞金を得る為に風火連城の一味は、次々と殺戮を繰り返し罪の無い村人達も殺されていくのです武荘と言う村に風火連城の一味に襲いか
travelyuu とらべるゆうめも MEMO[2005/10/13 13:23]
映画館「セブン・ソード 七剣」
公式HPにも『「HERO」「LOVERS」に続く武侠・超大作 第3弾!!』となっていましたが、人のレビューを観てこの2作品を期待して観ないほうがいいということや、武侠系映画が苦手な人は駄目な作品かもと言われていたので、まったく期待していませんでした。期待度0%で観に...
☆ 163の映画の感想 ☆[2005/10/16 17:32]
セブンソード-映画を見たで(今年134本目)-
監督:ツイ・ハーク出演:レオン・ライ、ドニー・イエン、チャーリー・ヤン、スン・ホンレイ、ルー・イー、キム・ソヨン、ラウ・カーリョン評価:64点(100点満点)公式サイトなにをやってるんだ、ツイ・ハーク。誰が見てもこれではうまく...
デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)[2005/10/22 08:46]
セブンソード
ドニーですよ、えぇ、ドニー・イェンです。それにつきます。剣士なのに素手のが強そうなんですよ!だってドニーだもん!!!最後の武打星・ドニー・イェン。カッコ良いっす。由龍剣の使い手にして最強の剣士!セブンソードなので他に六本の剣が出てきます、名前....
オイラの妄想感想日記[2005/10/28 01:15]
[Review] セブンソード (10/05)
オープニングのアクションはなかなか見応えがある。粉塵舞う村に現れる何やら怪しげな白塗りの集団。色を落として甲冑の銅が放つ光沢を消し、ザラついた質感を演出する映像は劇画調でワクワク感を煽る。「風魔のの小次郎」を期待して見に来たが、実は「北斗の拳」だったのか
うぇブログ - gwinさんのブログ - アカデミー賞サイト オスカーノユクエ[2005/11/04 19:09]
セブンソード
セブンソード
映画INDEX[2005/11/06 04:52]
セブンソードDVD
レオン・ライや、ドニー・イェンなどのアジアを代表するアクション・スターたちが、 スピード感のある剣劇を披露する本格時代劇武侠アクション。 2005年、中国No.1大ヒットとなりました。 DVDセブンソード 特別版 (初回限定豪華BOX仕様) 特典映像の撮影風景は、 華麗なア
噂の情報屋[2006/01/08 21:00]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。